エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

国を決めたことしかやらないなら自治体ではない いのち、くらし、平和を守る広島市長を誕生させよう

国が決めたことしかやらないなら自治体ではない いのち・くらし・平和を守る市民の声にこたえる広島市長を

2月12日、広島市安佐南区各地(古市橋駅前、緑井駅前、中筋駅前)で街頭演説。
現市長が核兵器廃絶の問題で「どんぐりの背比べ」、被災者支援でも「自治体で違いがあったら不公平」と国が決めた以上のことはやらない姿勢であることを取り上げ、
「自治体は誰のためにあるのか?市民のためでしょう?国の官僚が決めたことを漫然とやるためではないでしょ?」
「国が決めたことしかやらない市長なら、戦前・戦中のような官僚市長でよい。いや、被爆死された粟屋市長でも、軍部と喧嘩するなどまだ現市長より骨があった。誠に現市長は情けない。」
と指摘しました。
また、高速5号線を巡る問題に言及。
「予算オーバーしたと言うが、市は安易にゼネコン側の増額要求に応じようとしている。国の真似をして市もいい加減なことをしている。」
「いい加減に勇気ある撤退の時期ではないか?」
と指摘しました。
e0094315_19020537.jpg
e0094315_19023245.jpg
e0094315_19030139.jpg
e0094315_19140307.jpg
e0094315_19393351.jpg





そして、2月23日(土)10時から安佐南区総合福祉センターで開催される「いのち・くらし・平和を守る市民の声にこたえる広島市長を誕生させるつどい」で、どんな広島市にしたいか、皆さんの声をお聞かせください、と力を込めました。

演説後半では、安倍総理が「2019年度予算案の科学技術関係予算は過去最大」と豪語したとについて、「科学技術関係予算の定義を変えただけだ。またもや大本営発表だ」と指摘。
「女性で働く人が増えたと言うが、実際には、年配者が年金が足りなくてやむなく、という場合も多い。総理は喜んでいる場合か?」
などと力を込めました。
そして、
「こうしたいい加減なことをする政権は終わらせないといけない。【総理、ええかげんにせいよ】という結果を参院選で出そう」
と呼びかけました。
そして
「立憲主義回復、核兵器廃絶・脱原発、労働者の条件向上、社会保障充実、農林水産業・自営業・地域経済を守る」政権交代へ、広島3区でもさとうしゅういち自身も選択肢に野党統一候補をつくっていく決意を改めて表明しました。

いのち・くらし・平和を守る市民の声にこたえる広島市長を誕生させるつどい
日時:2月23日(土)10時~11時半
場所 安佐南区総合福祉センター6階
主催:広島3区市民連合

「つどい」では、わたくし・さとうしゅういちが司会をさせていただきます。
皆様の声をお聞かせください!

e0094315_10271195.jpg

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27998860
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-02-12 10:27 | 広島市政(広島市議会) | Trackback