人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

イラク国会議員、「イラクの外交政策は、アメリカ軍の国外退去」

2019年02月23日20時00分
  • イラクでのアメリカ軍
    イラクでのアメリカ軍

イラク国会のマザル・ハズアル議員が、「国会の各党派の多くは、政府に対しイラクからアメリカ軍を撤退させるための全権を与えている」と語りました。

アルアーラム・チャンネルによりますと、ハズアル議員はテロ組織ISISに対しイラクが大勝利を収めたことに触れ、「もはや、過去数年間のように、アメリカをはじめ外国の軍事顧問がわが国に駐留する必要性はなくなっている」と述べました。

これ以前にも、別のイラク議員ジャセム・アルバハティ氏がアメリカ軍のイラク駐留に反対する署名運動を行っていることを明らかにしました。

イラクの治安問題専門家は、「地域の一部アラブ諸国とアメリカは、イラク国内を再攻撃させるため、テロ組織に1億ドルの資金を供与した」と語りました。

この専門家はまた、「テロ攻撃は、イラクでの自国軍の駐留続行を狙うアメリカの工作によるものだ」と指摘しました。

トランプ米大統領は最近、アメリカ軍をイラクから撤退させる意向がないことを表明しましたが、この発言はイラク国民の抗議と怒りを招きました。

イラクでは2017年12月をもって、ISISの掃討が宣言され、イラクの国民や各政党、政界の要人や各メディアは、アメリカを初め外国軍のイラク撤退を求めています。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28030012
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-02-23 20:18 | 9.11テロとイラク・アフガン戦争 | Trackback