人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

「うまい演説」は心に残らない時代

「うまい演説」は心に残らない

「うまい演説」は実は心に残らない。
むしろ、一昨日の広島市長選挙の新人候補の街頭での「タウンミーティング」での「息子が高校に合格したけど20万円もかかってたまらない。学費はただになりませんかねえ」ととつとつと訴えてくれたお父さんの言葉の方が印象に残った。
俺も、介護現場と利用者様のご家族の苦悩について訴えたが、リアルなので言葉に詰まってしまった。普段の街頭演説のようにすらすら言葉が出ない。しかし、「良かった」という言葉をいただいた。
そんなものだ。というか、時代は変ったのではないか?
1990年代から00年代前半くらいまでだと、うまい演説をして、イメージをアップして得票、というモデルが全盛だった。バブルの余韻もあり、それは人びとに余裕がまだあったからだろう。
しかし、今は違う。若者から俺らミドル、そして年配者に至るまで苦しい。いわゆる低所得者層だけでなく中間層まで苦しい。むしろ、心の底からのモノが大事な時代なのだ。

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28115106
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-03-26 08:42 | 統一地方選挙2019 | Trackback