人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

そもそも日本国の初代天皇は、「文武天皇」だ

ミカドが神武天皇陵と呼ばれる場所に退位を報告した。だが、そもそも日本国の初代天皇は、「文武天皇」(諱は軽)だ。


696年(九州倭国年号大化二年)軽皇子と藤原不比等(車持皇子、百済王)が、多治比嶋右大臣や大伴御行大納言らと共謀。かぐや姫と結婚寸前の高市天皇を暗殺。軽皇子が、皇位を奪い倭国を滅ぼし日本国にしたのが、日本国のスタートだ。

神武天皇は、当時「即位」などしていない。

ただ、九州倭国で立場が悪くなった王子が瀬戸内海を東に向かい、畿内に「カチコミ」をかけたケースが何回かあるのだる。それを合成したのが神武天皇と呼ばれる人物だ。現代で言う武装勢力の親分程度だろう。

さらに、今の朝鮮北部辺りからは北陸経由で畿内に「カチコミ」があった可能性も否定できない。継体大王にその可能性はある。(九州倭国継体年間に活躍したヤマトの大王という意味。)。


ひょっとしたら継体が「蘇我王朝」ヤマトの最初の王かもしれない。


ともあれ、日本が日本を名乗り、唐に通告したのは702年遣唐使からだ。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28116975
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-03-26 22:10 | 歴史 | Trackback