人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

スペイン国王と法王は謝罪を=侵略500年でメキシコ大統領

今年はメキシコ侵略500年。
メキシコ大統領がスペイン国王とローマ法王に謝罪を要求しました。
凄い動きです。
今までは、黙っていた植民地支配をされていた国々が声を上げ始めました。
背景には途上国側も経済力が高まっていること、民主化も進んだので、
自国民の人権を侵害しつつ、旧宗主国(=旧帝国主義諸国)と妥協をするような政治家の居場所がなくなることがあるでしょう。
日本の「ネトウヨ」の方々は「韓国以外の植民地支配をされていた国々は
旧宗主国に謝罪を求めていない」などというのが得意の台詞ですがそれが
どんどん崩れています。
なお、たとえば、旧フランス帝国主義の勢力圏では核実験被害の補償を
アルジェリアの運動団体がフランスに求めています。





【サンパウロ時事】メキシコの左派ロペスオブラドール大統領は25日、旧宗主国スペインの国王フェリペ6世とフランシスコ・ローマ法王に対し、3世紀にわたった植民地時代の人権侵害を謝罪するよう求めたことを明らかにした。今年は1519年にエルナン・コルテス率いるスペイン人が侵略を開始して500年。

国民は飢え、独裁者はぜいたく=大統領、高級レストランへ-ベネズエラ

 ロペスオブラドール氏は、南部コマルカルコのマヤ遺跡から発信した動画で「スペイン国王とローマ法王に書簡を送り、先住民に対し、現在で言うところの人権を侵害したことを謝罪するよう求めた」と強調。「かつて虐殺や強要、剣と十字架による征服があった。彼らは(先住民の)神殿の上に教会を築いた」などと当時のスペイン人を非難した。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28116993
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-03-26 22:20 | 歴史 | Trackback