人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

米紙、「サウジ記者の殺人犯はアメリカで訓練を受けた」

サウジアラビア(皇太子・ムハンマド被疑者)によるジャマル・カショギ暗殺事件。実行犯は、アメリカで訓練を受けていました。

米紙、「サウジ記者の殺人犯はアメリカで訓練を受けた」

http://parstoday.com/ja/news/world-i52393



2019年03月31日19時12分
  • ジャマール・カショギ氏
    ジャマール・カショギ氏

アメリカの新聞ワシントンポストが、サウジアラビアの反体制派記者ジャマール・カショギ氏殺害の実行犯に関する詳細な情報を開示し、「カショギ氏殺害事件に関与したサウジ側の要員の集団は、アメリカで訓練を受けていた」と報じました。

カショギ氏は昨年10月2日、トルコ・イスタンブールにあるサウジアラビア領事館内で、サウジから派遣された15人のグループにより殺害されました。

ワシントンポストが30日土曜、報じたところによりますと、アメリカとサウジアラビアの10以上の情報筋は匿名で、カショギ氏殺害の実行犯の一部が、アメリカで訓練を受けていたことを明らかにしました

ワシントンポストはまた、「CIAはアメリカのそのほかの政府系機関や組織に対し、こうした訓練の一部が国務省の許可を得ている、アーカンソー州にある治安グループにより施されたものだ」と報じています。

さらに、「このグループは、カショギ氏殺害前のこの訓練課程を、アメリカとサウジの協力の一環として実施したが、事件発生後はアメリカとサウジ国王の治安分野での協力は中止、あるいは停止されている」としました。

サウジアラビア政府は、一定期間にわたりカショギ氏殺害への関与を否定した後、この事件が利己的な集団により実施され、容疑者11人に対する裁判が今年に入ってから開始されたことを認めましたが、特にこの事件の主犯者であることが疑われる、サウジのムハンマド皇太子のこの事件への関与の詳細の多くは、謎に包まれたままとなっています。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28148575
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-03-31 19:18 | ジャマル・カショギ記者惨殺事件 | Trackback