人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

日本が再度、ゴラン高原に関するアメリカ大統領の行動に反対

日本政府はアメリカ政府によるイスラエルのゴラン高原併合承認
を認めず。これは安倍ジャパンは、珍しく?まともな判断です。
逆に言えば、今の安倍ジャパンというのは、対米従属一辺倒というわけではなく
ある程度自主的に判断している。敢えて言えば、小泉純一郎さんとか、
旧民主党の前原誠司さんあたりのほうがラジカルな対米従属だったと思います。





2019年04月11日17時57分
  • 日本の河野外相
    日本の河野外相

日本の河野外相が改めて、被占領地ゴラン高原に対するシオニスト政権イスラエルの領有権の正式承認、というアメリカのトランプ大統領の行動に反対しました。

イルナー通信によりますと、河野外相は11日木曜、「我が国は、シリアのゴラン高原に対するイスラエルの領有権を正式承認しない方針であり、この問題に関する我が国の立場をアメリカ政府に通告済みである」と述べています。

また、「アメリカが、ゴラン高原に対するイスラエルの領有権を正式承認したことは、安保理決議に反する」としました。

日本の菅官房長官も、「ゴラン高原に関する我が国の立場は変わることはなく、我が国はゴラン高原をイスラエル領の一部としては正式承認しない方針だ」と語っています。

菅官房長官

アメリカのトランプ大統領は最近、国際法や安保理決議に反する行動に踏み切り、アメリカ・ワシントンにおいてイスラエルのネタニヤフ首相の面前で、ゴラン高原をイスラエル領として正式承認する大統領令に署名しました。

トランオプ大統領のこの行動は、地域や世界規模での大きな非難を浴びています。

イスラエルは1967年、およそ1200km2に及ぶシリア領のゴラン高原を占領し、しばらく後にこれを併合しました。

しかし、国際社会は決してこの併合を正式に認めず、安保理もこの地域を占領地扱いとしています。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28188536
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-04-11 21:36 | 国際情勢 | Trackback