人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

「日本凄い」というより「日本安い」 

「日本凄い」というより「日本安い」 

 日中の山陽本線の広島ー宮島口間は、ほとんど、外国人が8割、日本人が2割みたいな感じですね。首都圏の「痛勤電車」一歩手前な感じです。しかし、こうなったのは身も蓋もありませんが、日本人が貧しくなったから。日本人の給料が低くなり、日本そのものが外国に比べて安くなった。この治安や風光明媚さのレベルでこんなに安上がりなら、それはもう、外国から観光客が押しかけてきても当然です。
 
 しかし、その真相は、「日本凄い」というより「日本安い」=(JAPAN is cheap)ということです。「安すぎる」から、観光業も低賃金による人手不足になる。それで、外国人労働者を「特定技能」という形で拡大しようということになっているのが現状です。しかし、「JAPAN is cheap」とそれにより起きている諸問題は解決しないのです。

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28210914
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-04-19 19:51 | 経済・財政・金融 | Trackback