人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

報道の自由度、日本は67位

日本は67位。日本の場合は、民主党政権時代の2010年に、11位だった。
それが安倍政権復活で暴落しました。
民主党政権時代は、大手メディアも、記者クラブの特権を奪われたことに
腹を立て、かなり民主党政権を叩いていました。
権力批判はもちろん結構です。
ただ、皮肉ですがその結果として、報道の自由度を下げる安倍晋三さんが政権に
返り咲いてしまった。
「こんなはずではなかった。でも仕方が無いから総理に忖度しておこう」
というのが大手メディア幹部の内心ではないかと思いますがいかがでしょうか?





 国際NGO「国境なき記者団」(本部・パリ)は18日、2019年の「報道の自由度ランキング」を発表した。調査対象の180カ国・地域のうち、日本は前年と同じ67位だった。「記者団」は日本では「メディアの多様性が尊重」されているものの、沖縄の米軍基地など「非愛国的な話題」を取材するジャーナリストがSNSで攻撃を受けている、と指摘した。

 トップはノルウェー(1位)、フィンランド(2位)などの北欧が占め、昨年45位だった米国は48位。トルコのサウジアラビア総領事館内で殺害されたジャマル・カショギ記者の出身国、サウジは順位を三つ下げて172位。「記者団」は中東では「多くの記者が、命を失うことを恐れて自己規制しているか、記者を辞めている」と指摘した。中国は177位(前年176位)だった。(パリ=疋田多揚)


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28223209
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-04-20 22:20 | 安倍ジャパン | Trackback