人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー

やはり、比例代表中心の選挙制度にしないとらちがあかない

野党と市民連合の取り組むべきはひとつは「ガツンと庶民の懐に優しい政治」だ。
もうひとつは小選挙区を軸とした現行選挙制度の問題だ。
自民党は利権という接着剤がある。考え方、理念よりまず自分たちの利権だ。
野党は、それぞれ考え方があるし、それは健全なことだ。
ただ、小選挙区制度では、考え方が違う人が統一候補を出さないと自民党に勝てない。さりとて、選挙協力にしたらしたで「誰々と組むとはあなたにがっかりした」というご意見はわたし自身もよく伺った。1+1>2にならないどころか、0.8くらいになってしまうことすらある。
「政権交代後に比例代表中心の選挙制度にする」が望ましいと思う。
あと、無所属でやりたい人用に都道府県選挙区を一部(定数の3割程度)組み合わせるくらいだろうか。その場合は参院選を改革するのとセットになるだろ。
自民党でも小選挙区制度に危機感を持つ議員は少なくない。
とにかく、安倍暴走の背景でもあった小選挙区制度は廃止したい。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28230573
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-04-23 06:36 | 選挙制度・政治改革 | Trackback