人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

視点;英評論家がイランにとっての機会と評する米の石油制裁

2019年04月23日20時50分
  • イギリスの石油問題の評論家クリス・クック
    イギリスの石油問題の評論家クリス・クック

イギリスの石油問題の評論家クリス・クック氏が、「石油部門に対するアメリカの制裁は、イランにとっての機会である」と語りました。

イランの経済問題に詳しいクック氏は23日火曜、イルナー通信のインタビューで、イランに対し財務テクノロジーや再生可能なエネルギーへの投資を勧奨するとともに、「イランは、急速にイラクやパキスタン、トルコといった近隣諸国とのエネルギー貿易による関係を構築し、地域レベルでの競争に打ち勝ってアメリカの制裁をも、かなりの割合で無効にすることができると予想される」と語っています。

アメリカのポンペオ国務長官は22日月曜、核合意からのアメリカの違法な離脱から1年が経過するのを目前に、来月2日以降はイラン産原油を輸入する主要8カ国への制裁適用除外を打ち切ることを明らかにしました。

アメリカは、昨年11月にもイランの原油輸出を完全に停止させると主張していましたが、中国、インド、日本、韓国、トルコ、イタリア、ギリシャ、台湾の8カ国に対しては、イラン産原油禁輸制裁の適用除外を余儀なくされていました。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28231974
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-04-23 22:06 | 国際情勢 | Trackback