人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

総理はアメリカのイラン挑発をやめさせよ・庶民のフトコロを温める政権交代

総理はアメリカのイラン挑発をやめさせよ・庶民のフトコロを温める政権交代_e0094315_18284351.jpg
総理はアメリカのイラン挑発をやめさせよ・庶民のフトコロを温める政権交代_e0094315_18285881.jpg

広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は5月25日(土)から5月27日(月)、
広島市安佐南区古市橋駅前や中筋駅前で街頭演説。
来日中のトランプ大統領に安倍総理が接待をしていることについて
「接待する「だけ」なら誰でも出来る。きちんと言うべきことを言わないと
「外交」とは言わない。」
と指摘。
「アメリカは自分は未臨界核実験をして核開発を進める一方で、核兵器を
持っていないイランに因縁をつけ、イランを挑発している。イランと緊張関係にあるサウジアラビアは、王様の悪口を言うだけで死刑になる絶対王制の国だが、そんな国に武器を売りつけ、火に油を注いでいる。総理は、世界最初の戦争被爆国として
トランプ大統領に対して、アメリカが率先して核軍縮をし、また挑発行為をやめるよう言うべきだ。」
と訴えました。
関連記事

貿易問題についても、
「トランプ大統領に対して、きちんと「日本の農産物の関税は諸外国と比べても決して高くないと言うこと」を言うべきだ。昔のイメージでの事実誤認があれば、訂正するのが本当の友人だろう」
と力を込めました。

そして
「小説・黒い雨の主人公が命からがら逃れてきた広島3区から、ガツンと核兵器
禁止条約、緊張緩和の先頭に立つ日本をつくっていきたい。」
と衆参同時選挙になった場合の覚悟を示しました。
さらに、政府が、
年金支給年齢を70歳、75歳と引き上げようとしていることや、
「年金では老後がまかなえないから、投資を」
などという指針を検討していることについて
「今まで、高い保険料や税金を庶民から取ってきたのは何だったのか?
民間人がやったら、詐欺罪で逮捕されるようなことをやっている。政府はいらない、という話になる。」
「給料(実質賃金)もさがり、散々庶民の負担を増やしておいて何を
考えているのか?」
と批判。
「国民の財産に損失を与えた人には刑事を含む責任を取って頂く必要があるだろう。」
と指摘しました。
「介護や医療、教育、子育て、交通や防災など、庶民の生活不安を
緩和し、また庶民のフトコロを温める政権交代がいまこそ必要だ。」
「地方行政経験、介護現場経験を活かし、現政権がやらかしたおしもの世話をさせていたくとともに、庶民のフトコロを温める政権交代をガツンと広島3区から打ち出す。」
などと改めて「真の教育無償化」や「保育・介護現場労働者の条件改善」「最低賃金の引き上げ」などへの意欲・決意を表明しました。



トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28342530
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-05-27 19:42 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback