人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

ドイツ外相がイラン訪問

明日から安倍総理が訪問するイラン。ドイツの外相が一足先に
イランを訪問し、ロウハーニー大統領らと会談。
2019年06月11日20時04分
  • ローハーニー大統領とマース外相の会談
    ローハーニー大統領とマース外相の会談

イランのローハーニー大統領が、「アメリカの核合意離脱は、各国の交流にマイナスの影響を及ぼしたに過ぎない。圧力によって、イランは行き詰りに陥らない」としました。

ローハーニー大統領は、10日月曜テヘランでドイツのマース外相と会談し、イラン国民に対する制裁や圧力行使をもって地域の安全を保障することはできないと強調し、「アメリカはイランへの圧制的な制裁によって、事実上経済テロの道を歩んでいる」と述べました。

また、イラン核合意に調印した英・独・仏3ヶ国の首脳が昨年、「アメリカの核合意離脱という誤った行動の穴埋めをする」とはっきりと約束したことにふれ、「ヨーロッパ諸国は核合意の存続に向け、ただちに具体的かつ真剣な措置をとるべきだ」と促しました。

さらに、「イランが核兵器を追求しているとする主張は不当だ」と強調し、「IAEA国際原子力機関によるこれまでの15回の報告、そしてそれにも増して重要な、核兵器の製造・使用を禁じたイランイスラム革命最高指導者の教令、これらはその主張が不当であることを示している」と語りました。

一方のマース外相もこの会談において、アメリカによる核合意離脱を誤った行動だとし、「ドイツは、対イラン政策についてアメリカと意見を異にしている。フランスやイギリスなどヨーロッパ諸国との協力をもって核合意を維持し、自国の責務を履行するよう努力する」と応じました。

マース外相は、「イランの歴史について知識のある人々は、イランへの最大限の圧力行使が決して効果のないものであることをよく理解している」と述べました。

ローハーニー大統領とマース外相
ローハーニー大統領とマース外相






2019年06月11日20時30分
  • イラン外務省のムーサヴィー報道官
    イラン外務省のムーサヴィー報道官

イラン外務省のムーサヴィー報道官が、テヘランで行われたイランのザリーフ外相とドイツのマース外相による協議は明快で建設的なものだったとしました。

マース外相は10日月曜、テヘランでローハーニー大統領やザリーフ外相と個別に会談しました。

IRIB通信によりますと、ムーサヴィー報道官はまた、「両外相は、両国の友好的で歴史ある関係、及びイラン核合意、地域の緊張緩和などの問題について建設的かつ良好な協議を行った」と説明しました。

ムーサヴィー報道官はまた、「アメリカの妨害にも拘わらず、ドイツを含むヨーロッパは具体的な行動やアプローチによって、地域の平和や安定の強化、核合意の維持を促すことができる」と述べました。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28389380
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-06-11 20:54 | 国際情勢 | Trackback