人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

介護士が、元同僚に殺害される

殺人はもちろんいけません。
しかし、こういうことが起きてもおかしくないのが今の介護現場でもあります。
余裕がないから、介護士同士がぎくしゃくとか、古手女性介護士が、看護師をいびり出すとか、よくあります。
根源には、厳しい労働環境のわりに賃金が低いことはあります。利用者に虐待はさすがにできなくても、同僚に当たり散らすケースは多い。当たり散らされた方も恨み、イヤーな雰囲気が漂う。

それを改めるにはアジア人のような(日本人からみたら過激に見える)労働運動や、欧米人やマレーシア人などがやって来た政権交代です。

現代日本人は、我慢したあげく同僚を殺すとかで暴発するきらいがあります。日本という組織の総体として修正が利かなくなり、瓦解しつつあるように危惧します。






 埼玉県東松山市のアパートの部屋で住人の介護士渡辺真澄さん(38)が殺害された事件で、県警東松山署捜査本部は15日、殺人容疑で元同僚の住所不定、無職佐々木靖幸容疑者(41)を逮捕した。容疑を認め、「恨みがあった」と供述しているといい、2人の間にトラブルがあったとみて動機などを調べている。
 逮捕容疑は11日夕から13日午前7時20分ごろまでの間に、室内で渡辺さんの胸腹部を刃物のようなもので突き刺し、殺害した疑い。
 捜査本部によると、渡辺さんの胸や腹には刺されたとみられる十数カ所の傷があり、一部は心臓に達していた。司法解剖の結果、死因は失血死で、11日夜ごろ死亡したとみられる。
 佐々木容疑者は、渡辺さんの以前の勤務先の介護施設で派遣社員として2カ月間働いていた。渡辺さんの携帯電話に、事件直前まで同容疑者と連絡を取り合った形跡があったという。
 同容疑者は15日、東京都板橋区の商業施設で立ち読みしているところを捜査員が発見。捜査関係者によると、持っていたかばんに刃物が複数入っていた。同日午前、親族に事件への関与をほのめかすメールを送り、親族が県警に通報した。
 渡辺さんは11日夕に退勤し、12日は無断欠勤した。13日朝、様子を見に訪れた同僚の女性がアパートの自室内で倒れているのを発見した。
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28401489
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-06-16 10:01 | 事故・災害・事件 | Trackback