人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

モルシ前大統領が死去 出廷中に倒れ搬送 エジプト【おくやみ】

「エジプト版民主党政権」の大統領、モルシ。すぐに「エジプト版自民党」たる軍部(アメリカなどに近い)のクーデターで倒された。
ほとんどまともに医療を受けさせてもらえていなかったという情報もあります。限りなく暗殺に近い亡くなり方ですね。
それにしても、あの革命はリビアとシリアでは悲惨な内戦、そしてエジプトでは「エジプト版自民党」復活という結末に。なんということだ。








【AFP=時事】エジプトのムハンマド・モルシ(Mohamed Morsi)前大統領(67)が17日、出廷中に体調を崩し、搬送先の首都カイロの病院で亡くなった。司法当局が明らかにした。

【関連写真】クリントン米国務長官と会談するムハンマド・モルシ大統領(2012年)

 司法・治安当局の関係者らによると、モルシ氏はエジプトに敵対する外国政府や武装勢力と協働したスパイ罪に問われた裁判の審理中に「動揺」し始めた。司法当局の発表によると、裁判所が5分間の証言を求めたモルシ氏の要請を受け入れたところ、「彼(モルシ氏)はおりの中で倒れ(中略)すくさま病院に搬送された」ものの、病院で死亡が確認されたという。

 モルシ氏の短い在任期間中に同氏を強く支持していたトルコのレジェプ・タイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdogan)大統領は、モルシ氏を「殉教者」と呼び追悼した。

 モルシ氏は2011年の民主化運動「アラブの春(Arab Spring)」後に行われた選挙で、同国で初めて民主的に選出された大統領となった。しかし、政権運営は混迷し、就任からわずか1年後の2013年7月に軍により退陣させられた。

 モルシ氏は失脚後、複数の罪で裁判にかけられ、勾留下に置かれていた。罪状には、イランやカタール、パレスチナ自治区ガザ地区(Gaza Strip)を実効支配するイスラム原理主義組織ハマス(Hamas)などの武装組織のためにスパイ行為に及んだ罪や、テロ行為を企てた罪が含まれる。

 モルシ政権で国防相を務め、政変後に大統領に就任したアブデルファタハ・シシ(Abdel Fattah al-Sisi)氏は、モルシ氏を支持するイスラム主義組織「ムスリム同胞団(Muslim Brotherhood)」メンバーの弾圧を続けており、これまでに数千人が収監され、数百人が死刑判決を受けた。【翻訳編集】 AFPBB News
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28407430
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-06-18 18:45 | おくやみ | Trackback