人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

「戦後未曾有の厳しさで、市民運動は、去年と一緒では負ける。」

原水爆禁止世界大会第一回広島県実行委員会。
秋葉忠利さんの課題提起・講演がありました。
「戦後未曾有の厳しさで、市民運動は、去年と一緒では負ける。」
と指摘。
e0094315_20213525.jpg
e0094315_20214910.jpg
e0094315_20220669.jpg
e0094315_20222429.jpg
e0094315_20223546.jpg
e0094315_20225337.jpg
e0094315_20230204.jpg
e0094315_20231300.jpg
追記 

新・ヒロシマの心を世界に に以下の報告がUPされています。

広島県原水禁、秋葉忠利代表委員の講演

 6月19日、被爆74周年原水爆禁止世界大会第1回広島県実行委員会(結成総会)が西区横川町の自治労会館で開催されました。6月20日の、このブログで「いのちとうとし」さんが、その内容は書いておられます。

この会の中で、秋葉忠利代表委員が話されたことが、ずっと頭の中に残っています。秋葉さんは「核兵器禁止条約採択以降の世界の日本の状況」というタイトルで約1時間話されました。

Dsc_3359

頭の中に残っているもの一つは、今日の状況について「戦後、もっとも厳しい状況にある」という分析です。にもかかわらずこの国の人間は、怒らないということへの、秋葉さんの「怒」が伝わってきました。まったく同感ですし、これに対して「じゃあ、どうすれば良いのか」と考えても、答えが出てきません。

経験からいえば、私たちが活動に関わり始めたキッカケは、労働組合の存在です。労働組合が大きく平和運動に影響を与えていました。そして特に広島では、被爆者として素晴らしい先輩が多くおられました。当然のことですが、74年という年月の経過はあの世に逝かれるということで、別れるという宿命が訪れてしまいました。

二つ目は、僕自身も経験していることですが、かつて特に米国人に原爆のことを話した時、「真珠湾を最初に攻撃したのは日本だ」、「原爆投下によって戦争を早く終わらせた」という反応と、「今でも日本人は米国を憎んでいるのか?」という問いかけがほとんどでした。秋葉さんの話しによると、戦争直後では米国人のこの反応は90%を超えていたそうです。それが09年には67%となり、15年には56%、16年には45%に低下しているそうです。

この数字が表わす理由には、オバマ大統領の誕生、どこにでも核戦争が起きる可能性があるという世界状況、世界中で発生した原発事故、そしてなんと言っても、被爆者の人たちが自らの体験を語り、書き、という形で「二度とヒバクシャをつくらない」ということを世界中に訴えている努力だと思います。

厳しい厳しいと、どうしても落ち込み気味になりますが、日本では395の自治体で「核兵器禁止条約を批准すべし」という決議が行われているそうです。  

僕が調べたのですが、米国でも同じ内容の自治体決議が複数されています。

秋葉さんは次の7点を、この国の状況を見る中での「動き」のポイントとして提起されました。

①核兵器の「国際法違反」を否定する動き

②自前の核兵器保有を目指す動き

③そのために原発をやり続ける動き

④そのためにロケット開発を目指す動き

⑤憲法改悪で法的根拠を固める動き

⑥選挙制度を変えない動き

⑦五月蠅い(うるさい)老人は排除する動き

この五月蠅い老人とは、現在平和運動に中心にいるとされる高齢者を指します。

最後に、There is still time brotherと話されて講演を閉めました。この英語、「兄弟たちよ、まだ時間はある」という意味です。

木原省治


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28411891
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-06-19 20:20 | 反核・平和 | Trackback