人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

諫早「非開門」確定=最高裁で初、干拓訴訟-漁業者側上告退ける

関連記事

https://hiroseto.exblog.jp/28427148/

なんということでしょう。やはり、最高裁判事が全て安倍ジャパンになってから

任命された裁判官ばかりになったことは大きい。


://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190627-00000122-jij-soci&fbclid=IwAR1yLZQQRH29GFf7wFiFp8pIjgpZ8GoLHeEhZoNUC6GqTGBn85PKQdw-n9Q



諫早「非開門」確定=最高裁で初、干拓訴訟-漁業者側上告退ける

6/27(木) 17:56配信

時事通信

 国営諫早湾干拓事業(長崎県)で有明海の漁業環境が悪化したとして、長崎、佐賀両県の漁業者が国に潮受け堤防の開門などを求めた2件の訴訟で、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)は26日付で、漁業者側の上告を退ける決定をした。

【図解】諫早湾干拓訴訟をめぐる動き

 「非開門」とした二つの判決が確定した。いずれも4裁判官全員一致の意見で、「上告理由に当たらない」とした。開門の是非が争われた訴訟の判決が最高裁で確定するのは初めて。

 開門しないまま問題解決を目指す国の姿勢に沿った判断。決定は「非開門」の流れを強く後押しし、開門を求める漁業者側と国の協議の行方に影響を与えそうだ。

 最高裁で確定した一つは、2015年9月の福岡高裁判決。高裁はタイラギ漁とアサリ養殖での漁業被害を認めたが、「被害と堤防閉め切りに因果関係は認められない」と判断、開門請求を棄却した。一審長崎地裁が一部漁業者について認めた損害賠償も取り消した。

 もう一つは、干拓地の営農者と国が争った訴訟で「開門差し止め」を命じた17年4月の長崎地裁判決。原告、被告双方が受け入れたが、補助参加人だった漁業者が当事者として訴訟に加わる「独立当事者参加」を申し立てて控訴していた。

 最高裁は、新たな訴訟を起こすべきだとして申し立てを却下し、控訴を認めなかった福岡高裁判決を支持した。 


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28429670
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-06-27 19:47 | 司法 | Trackback