人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

米大統領が、武器の購入でサウジ政府に謝意を表明/イエメンで、サウジアラビア軍の攻撃により一家9人が死亡


いくらトランプでも、ムハンマド被疑者本人の前では、お礼を言うでしょうね。
いないところでは、言いたい放題をしていても。
本当にサウジアラビアはアメリカのいいカモになっています。
今回のG20の議長国同様・・。
ただし、ムハンマド被疑者自体もアメリカべったりでは不味いという認識もあるようで、
ロシアのプーチンともがっちり握手。産油国同士という利害の共通項もありますね。
そして、そんななか、相変わらずムハンマド被疑者はイエメンを攻撃。一家9人が死亡という事件を引き起こしています。

アメリカのトランプ大統領が、サウジアラビアのムハンマド皇太子と会談し、アメリカからの武器輸入を理由に謝意を表明しました。
イルナー通信によりますと、トランプ大統領とムハンマド皇太子は29日土曜午前、G20大阪サミットの傍ら会談を行いました。
トランプ大統領はこの会談で、サウジアラビアが米国製兵器を購入していることに謝意を表明し、「サウジアラビアにおけるムハンマド皇太子の取り組みは大変素晴らしい」と賞賛したということです。
両者はまた、この会談でイランに関しても協議しました。
サウジアラビアは米国製兵器の最大の輸入国の1つですが、アラブ圏の最貧国イエメンに戦争をしかけ、また西アジア地域でテロリストに資金や武器を提供し、政治的に支援していることから、地域の人権擁護機関や民間機関から強い非難を浴びています。
トランプ大統領は以前、サウジアラビア首脳陣はアメリカにとって大きなカモだとし、「サウジの王政は、アメリカの支援なしには2週間も持たずに崩壊するだろう」と発言したことがあります。

ロシアとサウジアラビアが、産油枠の据え置きをめぐり合意

ロシアのプーチン大統領が、産油枠の据え置きをめぐりサウジアラビアと合意に達したことを明らかにしました。

IRIB通信によりますと、プーチン大統領はサウジアラビアのムハンマド皇太子と、産油枠引き下げに関する合意の延長に関して協議し、ロシアは現状の産油枠維持に同意したということです。

プーチン大統領は、G20大阪サミットの傍ら、記者団に対し、「産油枠引き下げに関するOPEC石油輸出国機構の合意は、9ヶ月間延長される可能性がある」と語りました。

OPEC加盟国は昨年、ロシアなどOPEC以外の産油国とともに、今年前半における産油量をおよそ120万バレル引き下げることで合意していました。この合意内容の継続、停止、または産油枠の変更に関しては、7月に開催されるOPECプラス会議で再検討される予定です。

イエメンで、サウジアラビア軍の攻撃により一家9人が死亡

サウジアラビア軍がイエメン南西部タイズ州の住宅を攻撃し、この中で一家9人が死亡しました。

イエメン国営サバー通信によりますと、サウジアラビア主導アラブ連合軍の戦闘機が28日金曜、タイズ州の住宅1軒を爆撃し、一家9人が死亡しました。

アラブ連合軍は今月23日にもイエメン北西部ハッジャ州の民家を攻撃し、女性1名と子ども3人が死亡したばかりです。

サウジアラビアは、アメリカおよびアラブ首長国連邦などの支援を得て、2015年3月からイエメンを軍事攻撃し、完全に封鎖しています。

この戦争で、これまでに1万6000人以上のイエメン人が死亡、数万人が負傷、数百万人が住む家を失っています。さらに同国では食料や医薬品の深刻な不足の事態が生じ、子どもたちの飢餓も大きく懸念されています。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28433494
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-06-29 20:32 | 国際情勢 | Trackback