人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

新選組、最後まで「当事者主義」の候補擁立

元派遣労働者、そして、ALS当事者を擁立。当事者主義がよく伝わってきました。
「当事者主義」かつ「庶民のメシ」重視の新選組

新選組の候補擁立は、徹底した「当事者主義」と感じた。こういう勢力が政党要件を満たすことは意義が大きいと思う。そして、いわば「庶民のメシ」を最優先する姿勢は、既存野党(特に日本共産党以外)の尻に火をつけ、国民民主党辺りからもそれなりに面白い政策も出ている。
党首討論には出られなかったが、現時点でそれなりの影響を与えていると思うし、政党要件を満たしてほしいと期待する。野党に対する「庶民のメシ」に冷たいイメージが変わる契機になればと思う。(安倍総理はもっと庶民のメシに冷たいのだが巧妙に隠している)
(なお、さとうしゅういち自身は、比例区は日本共産党を軸に応援も新選組に期待、選挙区は無所属で、国民、立民、社民推薦の森本しんじさんを軸に応援します。)




政治団体「れいわ新選組」の山本太郎代表(44、参院議員)は3日、東京都内で記者会見し、参院選比例区から立候補することを表明した。前回2013年の参院選では東京選挙区から立候補して当選した。山本氏は「6年前と同じ1議席でいいのか、私は納得がいかない。1議席をより増やせるという市民の力を示していく必要がある。目標議席は5。政党要件をクリアしたい」と述べた。

 また山本氏は、比例区で個人の得票に関係なく優先的に当選できる「特定枠」を活用することも表明。1位に筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の舩後靖彦氏(61)、2位に重度障害のある木村英子氏(54)を充てる。

 れいわの擁立候補者は計10人。山本、舩後、木村の3氏以外は次の通り。(いずれも新顔、敬称略)

 【東京選挙区】野原善正(59)=創価学会

 【比例区】蓮池透(64)=北朝鮮による拉致被害者家族連絡会元事務局長▼安冨歩(56)=東大東洋文化研究所教授▼三井義文(62)=元コンビニオーナー▼辻村千尋(51)=環境保護NGO職員▼大西恒樹(55)=元外資系銀行員▼渡辺照子(60)=元派遣労働者




トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28441291
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-07-03 19:51 | 参院選2019 | Trackback