人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

イラン外相、「核合意はヨーロッパ方式で維持される」

そもそも、アメリカが一方的にイランに因縁をつけ、核合意を脱退したのが、
全ての震源地ですからね。

ロシア外相の指摘が正しいでしょう。


イラン外相、「核合意はヨーロッパ方式で維持される」

http://parstoday.com/ja/news/iran-i54122





2019年07月03日16時13分
  • ザリーフ外相
    ザリーフ外相

イランのザリーフ外相が、核合意に対するイランの行動を批判したヨーロッパ諸国の最近の声明に反論し、「イランは今後ヨーロッパ方式により、核合意に定められた自らの責務を履行する」と語りました。

ザリーフ外相は2日火曜、ツイッター上で、「イランは、英独仏およびEUが経済面での責務を履行している限り、これまでどおり核合意の完全履行を遵守する」と述べました。

また、「イランは今後、核合意に定められた自らの責務を、ヨーロッパの履行に応じて実施するつもりだ。それは十分に公正なものだ」としました。

EUのモゲリーニ外務・安全保障政策上級代表と英独仏の外相らは2日火曜午後、共同声明の中でイランの低濃縮ウランの貯蓄量の増加に懸念を示し、「核合意におけるEUの責務は、イランによるこの合意の完全な遵守にかかっている」と表明しました。

ザリーフ外相のツイッター

ヨーロッパ側はこの共同声明において、「イランは濃縮ウランの貯蓄量を核合意に定められた水準に戻すよう」求めています。

イランは、アメリカの核合意離脱からちょうど1年が経過した今年5月8日、ヨーロッパが「アメリカの離脱による経済的な影響を保証する」と約束したガイドラインの進捗不良を確認した後、核合意第26条と第36条に基づき、責務の一部履行停止を発表しました。

イランはまた、核合意の関係国に60日間の猶予を与え、特に銀行・石油分野での相手側の責務履行を待つ形となっていますが、相手側が行動を起こさない場合、イランは更なる責務縮小に向け踏み出す見込みです。

イランの今回の決定の1つは、3.67%濃度の濃縮ウランの貯蔵量を上限の300kg以上に増やすというもので、これは1日月曜から正式に実施されました。

英独仏のヨーロッパ3カ国は、アメリカの核合意離脱後、イランの経済的な利益を確保してこの合意を維持する、と約束しましたが、政治的または口頭ではアメリカへの対抗を見せてはいるものの、これまで核合意維持に向け約束した責務をきちんと実施できていないのが現状です。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28441777
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-07-04 00:40 | 国際情勢 | Trackback