人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

今は安倍晋三=東條英機+昭和天皇の「戦中」だ

今は安倍晋三=東條英機+昭和天皇の「戦中」だ

今は、間違いなく「戦後」でもなければ、「(新たな)戦前」でもない。「戦中」である。
安倍晋三=第二次世界大戦の頃の東條英機+昭和天皇くらいの権力はある。明治憲法の総理大臣は弱かったが、今の総理大臣は、おそらくアメリカ大統領よりも上の権力を持っている。三権分立がろくに機能していないこと、小選挙区制を軸とした選挙制度で総裁=総理の権力が絶対化していること、内閣人事局などが背景にある。安倍晋三の現況は、むしろ、後醍醐天皇あたりが近いかも知れない。
「戦中」といっても、第二次世界大戦のころまでのように「やあやあ我こそは」で正々堂々、国民国家同士がぶつかり合う戦争ではないからわかりにくいだけだ。
もっと言ってしまうと、安倍ジャパンの場合、自国民に対して経済制裁、戦争を仕掛けているとも言える。沖縄に対しては完全に戦争を仕掛けていると言って良いだろう。
そして、超大金持ち、超大手企業以外の日本国民には「経済制裁」。そして、外国人労働者は「徴用工」代わりだ。
高齢者も働かざるをえないが、これは第二次世界大戦の特攻隊に似てきた。労災続発である。五輪ボランティアは学徒出陣である。

そして、「天皇は神聖にして侵すべからず」ならぬ「安倍晋三は神聖にして侵すべからず」的な考え方が広まっている。一昔前の自民党政権支持者はそこまでではなかったろう。
人間というのは得てして、「このままでは危ない」と感づいているときにこそ、逆に、そこから目を反らし、権威にしがみつこうとしてしまうものだ。

 また今の日本の状態は、ある意味、ボクシングに例えれば、試合中はアドレナリンが出て、ぼろぼろになっていても痛さを感じないという状態だろう。

ひとたび、試合が終わる=安倍政権が終わると、緊張がなくなって、どっと痛みが出てきて、痛みで動きもとれないような状態になるだろう。いろいろなものが腐りきっており、それが安倍退陣でもっと可視化されることで「うわー!」ということになるだろう。

だが、そこから日本を再建していくしかないのではないか?
そしてそれに、特効薬があるわけではなく、近代国家として当たり前のことをまず回復していくしかないように思う。
日本は、75年前は「近代の超克」で自己陶酔しているうちに滅び.、現在は「日本スゲえ」で自己陶酔しているうちに滅びかねないと思う。

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28445182
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-07-05 21:14 | 安倍ジャパン | Trackback