人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー

イラン外相、「イランはテロリストと交渉しない」 「アメリカは、新たなサッダーム・フセインへの武器の販売をやめるべき」

2019年07月18日19時16分
  • ザリーフ外相
    ザリーフ外相

イランのザリーフ外相が、イラン国民に対するアメリカの制裁政策をテロ行為だとし、「イランはテロリストと交渉しない」と語りました。

ザリーフ外相は17日水曜、ニューヨークで記者団に対し、「アメリカのトランプ大統領が誇らしげに語る対イラン経済戦争は、一般市民を標的にしたものである」と語りました。

ザリーフ外相はなた、アメリカの経済戦争は、イランの軍関係者や政府関係者を標的にしたものではなく、一般市民を標的にしているとし、「この措置はテロに等しい。なぜなら、テロは政治的計画を推進させるために人々を標的にするものであるからだ」と述べました。

そして、「法から見るテロの意味は、横暴な行動により、一国の政策を変更させようとする、あるいは人々に自国の政策を変更させようと試みることである」としました。





2019年07月18日17時09分
  • ザリーフ外相
    ザリーフ外相

イランのザリーフ外相は、イランにはミサイル計画をめぐる交渉の用意が整っているとする一部のアメリカ政府高官の主張に言及して、「アメリカは、本筋から離れる代わりに新たなサッダーム・フセインへの武器の販売をやめるべきだ」と述べました。

AP通信は、邪悪な行為の中でNBCニュースとのザリーフ外相のインタビューの内容を歪曲し、イランは自国の防衛能力について交渉する意向がある、と報じました。

この誤った主張は、アメリカのトランプ大統領とポンペオ国務長官をぬか喜びさせ、両者「我々の成功だ」としました。

ザリーフ外相は17日水曜、ツイッター上で、イ・イ戦争で荒廃したイラン南西部の都市ホッラムシャフル及び、イエメン、パレスチナのガザ地区での戦争による破壊の様子を写した写真を掲載し、「1980年代、当時のイラクのバース政権がイランに押し付けた8年間に渡る戦争の中で、独裁者サダーム・フセインは東西諸国から供給されたミサイルと爆弾で、イランの諸都市を標的にした」と述べました。

ザリーフ外相はさらに、この8年間の戦争において、いずれの国もイランに武器を販売しなかったとし、「イランは当時、自ら防衛のための武器を作る以外、選択肢はなかった」と付け加えました。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28469957
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-07-18 19:39 | 国際情勢 | Trackback