人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

イランが、英タンカー拿捕の経緯を説明

ヒヤリとしましたが、イラン側から説明がありました。
まあ、緊張の震源地はアメリカです。アメリカがいらんことをしているから、
些細なことでも、大事につながりかねないことになる。




2019年07月20日17時39分
  • イギリス船籍のタンカー、ステナ・インペロ
    イギリス船籍のタンカー、ステナ・インペロ

イラン南部ホルモズガーン州航行港湾機関のアフィーフィープール長官が、「イギリス船籍のタンカー、ステナ・インペロは、ホルモズ海峡の航路上にて漁船と衝突しており、この事故後、原因究明のための捜査が必要となった」と説明しました。

イランイスラム革命防衛隊海軍は19日金曜、ホルモズ海峡でイギリス船籍のタンカー「ステナ・インペロ」を国際海洋法違反の疑いで拿捕したことを明らかにしました。

アフィーフィープール長官

イルナー通信によりますと、アフィーフィープール長官は「問題のタンカーが漁船と衝突した後、漁船の乗組員らはイギリスのタンカーに交信した。しかし、タンカーが応答しなかったため、彼らは法に則ってイラン南部ホルモズガーン州の航行港湾機関に交信してきた」と述べました。

また、「わが航行港湾機関は、このタンカーの件をイスラム革命防衛隊に通報し、問題のタンカーをホルモズガーン州バンダルアッバース港湾まで曳航し詳細な捜査と事故原因の究明を要求した」と経緯を説明しました。

さらに、「問題のタンカーには23人の乗組員がおり、彼らは安全上の面から船内にとどまる必要がある」とし、「タンカーにはインド国籍の乗組員18人、および、ロシア、フィリピン、リトアニアの各国籍の乗組員ら5人が乗船していた」と語りました。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28473894
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-07-20 21:20 | 事故・災害・事件 | Trackback