人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

イラン・英外相が電話会談、「船舶の拿捕に関する最新状況を調査中」・イラン外相、「ペルシャ湾での英タンカーの拿捕は、国際海事法維持が目的」

イラン・英外相が電話会談。話し合いで解決してほしいものです。
しかし、ひやひやするのは、やはり、アメリカが一方的に核合意を離脱し、
いらんことをするのが背景にあります。
それで「有志連合だ!」と叫ぶわけですから、噴飯物ですね。


2019年07月21日03時08分
  • イランのザリーフ外相とイギリスのハント外相
    イランのザリーフ外相とイギリスのハント外相

イランのザリーフ外相とイギリスのハント外相が、拿捕された船舶をめぐる最新状況に関して電話会談を行いました。

ザリーフ外相は20日土曜、この電話会談で、イギリスによる違法行為としてのイランのタンカーの拿捕とは異なり、イラン側の措置はイランの港湾海事局の要請に基づき、またイギリスの船舶の違法行為を理由として講じられたものだとし、この問題が法的に追及されるべきだとしています。

この報道によれば、両者はまた、緊張増大の回避と法的な解決策の模索を強調したということです。

19日金曜、イランイスラム革命防衛隊海軍が同国南部ホルモズガーン州港湾海事局の要請 により、イギリス船籍のタンカー「ステナ・インペロ」を、漁船との衝突、自動船舶識別装置の電源が切られていたこと、石油系廃棄物の処理による海洋汚染などの理由で拿捕しました。

なお、今月4日にはイギリス海兵隊がジブラルタル海峡にて、EUの対シリア制裁違反を口実にイランのタンカーを拿捕し、19日に拘束期間を延長しています。


























2019年07月21日02時26分
  • ザリーフ外相
    ザリーフ外相

イランのザリーフ外相が、「ジブラルタル海峡での海賊行為とは異なり、ペルシャ湾でのイランによるイギリスのタンカーの拿捕は、国際海事法の維持が目的だ」と語りました。

ザリーフ外相は20日土曜、ツイッター上で「イランは、ペルシャ湾とホルモズ海峡の安全を確保している」と強調し、「イギリスは、経済テロに関してのアメリカへの同調を止めるべきだ」と述べています。

ザリーフ外相のツイッター

19日金曜、イランイスラム革命防衛隊海軍が同国南部ホルモズガーン州港湾海事局の要請により、イギリス船籍のタンカー「ステナ・インペロ」を、漁船との衝突、自動船舶識別装置の電源が入っていなかったこと、石油系廃棄物の処理による海洋汚染などの理由で拿捕しました。

なお、今月4日にはイギリス海兵隊がジブラルタル海峡にて、EUの対シリア制裁違反を口実にイランのタンカーを拿捕し、19日に拘束期間を延長しています。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28475117
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-07-21 15:19 | 国際情勢 | Trackback