人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

根本厚労相 障害者就労に必要な介助への支援を検討

根本厚労相 障害者就労に必要な介助への支援を検討。障がい者の自立支援を叫びながら、実際には矛盾していた国の制度。そのことに新選組の二人の当選が、焦点を当て、厚労大臣も動かし始めました。






根本厚労相 障害者就労に必要な介助への支援を検討

先の参議院選挙で、難病の患者と重度の障害者の2人の参議院議員が当選したことに関連し、根本厚生労働大臣は、障害者の就労に必要な介助の支援などを検討していく考えを示しました。

先の参議院選挙では、れいわ新選組から、全身の筋肉が動かなくなる難病のALS=筋萎縮性側索硬化症患者の舩後靖彦氏と、幼いときに障害を負い手足がほとんど動かなくなった、重度の障害者の木村英子氏が初当選し、参議院ではバリアフリー化を進めています。

これに関連して根本厚生労働大臣は、閣議のあとの記者会見で、国会での2人に対する介護について、「国会議員に限らず、障害者の通勤や就労の介助は公費による重度訪問介護サービスの対象とはしていないが、参議院事務局がこのサービスと同様の介助を提供することを検討中のようだ」と述べました。

そのうえで、「障害者がより働きやすい社会を目指すうえで、働く際に必要になる介助は重要な課題だ。どのような対応が考えられるのか、さまざまな観点から検討しなければならない」と述べました。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28490927
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-07-30 06:10 | 介護・福祉・医療 | Trackback