人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

自民党が批判的ジャーナリストを名指しし、警察を動かして排除!?

自民党が批判的ジャーナリストを警察を動かして排除、となればこれは「自民党>法律」という、言わば権威主義国家と同じです。

【以下、新潟県警の警察官とのやりとり(概要)】

 
横田:(進次郎氏が)乗るところを(取材させてください)。みんな(見送る人や記者が先に)いるじゃないですか。自民党から「取材妨害をしろ」と言われているのですか?

警察官:全然。

横田:取材妨害じゃないですか。

警察官:取材妨害ではありません。

横田:どういう法律違反、根拠で取材妨害をしているのですか。

警察官:トラブル防止です。

横田:トラブルなんか、起こさないですよ。どういう根拠で拘束をしているのか教えてくださいよ。

(名前を聞くと、「私は斉藤と言います」と警察官は答えた)

横田:誰から言われたのですか。

斉藤警察官:我々は職務上でやっていることです。

横田:何の職務上の必要があるのですか。どういう根拠があるのですか。

斉藤警察官:(ホームの)下からいろいろ言っていたじゃないですか。

横田:質問ですよ。

斉藤警察官:(進次郎氏は)答えなかったですよね。

横田:答えなかったら取材妨害ですか。

斉藤警察官:そういうわけじゃない。

横田:無言も一つの回答ですよ。だから追加で聞こうとしているのじゃないですか。追加で聞かせてください。

斉藤警察官:お待ちください。

取材妨害の「法的根拠」を聞くも、警察官は答えず



横田:国会議員に、応援演説について声をかけてはいけないのですか。

斉藤警察官:取材と言ったり、見送りと言ったり、変わるじゃないですか。

横田:取材です。

斉藤警察官:取材だったらお断りです。

横田:どういう根拠で断るのですか。見送り取材です。

斉藤警察官:「見送り取材」っておかしいですよ。

横田:(見送りで)電車に乗るときに声をかけて取材をするのですよ。(6日に新潟入りした)菅官房長官にも、新幹線に乗る時に声をかけました。どういう法的根拠で(取材をさせないのですか)。小泉進次郎氏、自民党本部の指示でしょう。なぜ、こんなに執拗に妨害するのですか?

斉藤警察官:ここまでやるのですか。

横田:だって有名人の進次郎さんが塚田さんの応援をしたわけだから、その内容について(聞きたい)。囲み取材もやっていない。

斉藤警察官:今回はやらないということなのでしょう。

横田:だから補足的に聞くわけじゃないですか。どういう法的根拠で邪魔をするのですか。

斉藤警察官:我々には信用ならないですよ。見送りと言ってみたり、取材と言ってみたり。当然じゃないですか。

横田:名刺を見せたじゃないですか。取材に決まっているじゃないですか。

斉藤警察官:(名刺は)誰だって作れるじゃないですか。

横田:どういう法的根拠でやっているのですか。

斉藤警察官:我々はトラブル防止でやっています。

横田:どんなトラブルですか。近づいて行って、どんなトラブルを起こすというのですか。

斉藤警察官:それはちょっと分からない。

横田:分からないで人の自由を(拘束するのですか)。

斉藤警察官:取材と言ってみたり見送りと言ってみたり、あんまり信用できないのが正直なところです。嘘をついているから。どっちなのですか。

横田:(進次郎氏を)見送る時に声をかけて取材をするという意味じゃないですか。(エスカレーターで進次郎氏に)声をかけていたのを見ていたじゃないですか。

斉藤警察官:何かね、声をかけていましたね。

横田:取材って分かっているじゃないですか。分かっているのに妨害するのは、取材妨害だよ。新潟県警は“自民党の犬”ですか。命令に従っているのですか。

斉藤警察官:関係なくて。
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28492147
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-07-30 19:17 | 安倍ジャパン | Trackback