人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

ホルムズ海峡「有志連合」 首相「できる限りの役割果たす」

とにかく、日本はイランとも敵対しないように。
先陣が積み上げてきたものを失うことになります。





ホルムズ海峡「有志連合」 首相「できる限りの役割果たす」

 安倍総理は、アメリカが主導するホルムズ海峡での「有志連合」に関連して、アメリカやイランとの関係を踏まえ総合的に判断した上で、日本としてできる限りの役割を果たしていく考えを示しました。

 「米国との関係、イランとの関係などの諸点をふまえ、さまざまな角度から検討を行い、総合的に判断をしていく。中東の緊張の緩和に向けて、できる限りの役割を果たしていきたい」(安倍首相)

 安倍総理は、アメリカが呼びかけている「有志連合」について、ホルムズ海峡の安全確保は我が国のエネルギー安全保障上「死活的に重要」だとして、政府として総合的に判断した上で、できる限りの役割を果たしていく考えを示しました。政府関係者によりますと、有志連合への参加は法的なハードルが高い上、イランとの関係悪化が懸念されることから、自衛隊単独での警戒監視や情報収集を行うことなども検討しているということです。

 一方、政府が輸出管理上の最優遇国「グループA」から韓国を除外するなど悪化する日韓関係について、安倍総理は徴用工訴訟を念頭に、「日韓請求権協定に違反する行為を韓国は一方的に行っている」と韓国側の対応を批判した上で、「日本に関わる約束を、まずきちんと守って欲しい」と、韓国に対し適切な対応を求めました。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28507309
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-08-07 19:28 | 国際情勢 | Trackback