人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

英国に拿捕されたイランのタンカーが近く解放

これでイギリスとイランが緩和に向かえば、それこそ、「有志連合」とやらも、アメリカとイスラエルだけに
なってしまいますね!

http://parstoday.com/ja/news/iran-i54978
2019年08月14日17時00分
  • 英国に拿捕されたイランのタンカー
    英国に拿捕されたイランのタンカー

メディア筋がジブラルタル当局の話として、イギリス海兵隊により拿捕されていたイランのタンカーが、近く解放されることを明らかにしました。

トルコの通信社が13日火曜、ジブラルタル当局の話として報じたところによりますと、ジブラルタル海峡でイギリス海兵隊に拿捕されていたイランのタンカー「グレース1」が今月17日に解放される見通しだということです。

こうした中、ジブラルタル当局は「地元政府には問題のタンカーを解放する権限はない」とコメントしています。

これ以前にも、ジブラルタル当局の報道官は「現在イギリスの実効支配下にあるこの地区は、タンカー・グレース1の拿捕をめぐるイランとの緊張緩和に向け働きかけている」と話していました。

ジブラルタルの裁判所はタンカーの拿捕期間を延長せず、拿捕の期限が終了する今月17日に同タンカーの解放命令を出す見込みとされています。

先月4日、イギリス海兵隊が違法な行動により、ジブラルタル海峡でイランのタンカー・グレース1を拿捕しました。

イランはイギリスによるこの行為が海賊行為だと強く反発、このタンカーの即時解放を求めていました。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28519621
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-08-14 19:59 | 国際情勢 | Trackback