人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

英領ジブラルタルが、イランのタンカーを解放。

英領ジブラルタルが、イランのタンカーを解放。
アメリカは妨害したそうですが、これでイランとイギリスの間は緊張緩和方向か?アメリカの孤立化が進みますね。
http://parstoday.com/ja/news/iran-i55018
2019年08月16日00時29分
  • イランのタンカー・グレース1
    イランのタンカー・グレース1

スペイン南部の英領ジブラルタルの当局は15日、拿捕(だほ)していたイランのタンカーの解放を決めました。


これに先立ち、ジブラルタルの新聞 Gibraltar Chronicleは、「イランのタンカーは、当地の時間で15日木曜午前に解放される予定だったが、アメリカ司法省の要請により、この決定は少なくとも数時間延期された」と報じていました。

この新聞はまた、「ジブラルタルの裁判所は同時に、問題のタンカーの船長と乗組員3人の釈放命令を出している」としました。

先月4日、イギリス海兵隊がジブラルタル海峡にて違法な行動に走り、イランのタンカー・グレース1を拿捕しました。

この違法な行動により、このタンカーが拿捕されたほか、船長を含む4人の乗員が船内に留め置かれ、彼らのパスポートも差し押さえられました。

イランは、イギリスのこの行動を海賊行為だとし、このタンカーの解放を求めています。

http://parstoday.com/ja/news/iran-i55020





2019年08月16日07時00分
  • ザリーフ外相
    ザリーフ外相

イランのザリーフ外相は15日、ツイッター上において、ジブラルタル当局によるイランのタンカー解放を妨害したとして米国を批判しました。

スペイン南部の英領ジブラルタルの当局は15日、拿捕(だほ)していたイランのタンカーの解放を決めました。

これに先立ち、ジブラルタルの新聞 Gibraltar Chronicleは、「イランのタンカーは、当地の時間で15日木曜午前に解放される予定だったが、アメリカ司法省の要請により、この決定は少なくとも数時間延期された」と報じていました。

この新聞はまた、「ジブラルタルの裁判所は同時に、問題のタンカーの船長と乗組員3人の釈放命令を出している」としました。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28523976
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-08-16 20:13 | 国際情勢 | Trackback