人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

豪雨被害 三原の給食調理場再開

ご家庭のほうも被災からしばらくはてんやわんやでなかなか
大変だったと思います。
現実問題、現代社会の構造の中で給食が、一番バランスの良い食事になっている
子どもさんも多い中で再開は良かったですね。






豪雨被害 三原の給食調理場再開

三原市では小・中学校向けの給食を作る調理場が、去年の西日本豪雨で水につかる被害を受けて使えなくなっていましたが、豪雨からおよそ1年2か月ぶりに全面的に調理を再開しました。

三原市西部共同調理場は去年7月の西日本豪雨で、およそ3メートルの高さまで水につかって施設が使えなくなり、市内の小・中学校では弁当が配られたり子どもが弁当を持参したりしてきました。
調理場では調理器具の交換や施設の修理がことし7月に終わり、豪雨からおよそ1年2か月ぶりに全面的に調理を再開しました。
調理場では、市内の7つの小・中学校に届けられる「豚肉のねぎソース炒め」およそ1300食分が作られ、職員たちが真新しい調理器具を使って、大量の豚肉や野菜を丁寧に手際よく炒めていました。
新川一郎調理場長は「災害で器具などがすべて使用不可能になったが、きょうを迎えられほっとしている。子どもたちにはおいしく楽しく給食を食べてほしい」と話していました。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28553010
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-09-02 19:08 | 西日本大水害(2018西日本豪雨) | Trackback