人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー

要介護1,2が一番人手がかかるのだが

要介護1,2が一番人手がかかるのだが

安倍政府は、介護保険のサービスから要介護1,2の人を切り捨てることを検討している。
だいたい、保険料をとっておいて、いざというときにサービスがうけられない、ではこれは詐欺だろう。
要介護1,2の人は市町村の総合事業にうつすというが、内容は市町村によって大きく左右されてしまう。国の責任放棄だ。
さらに、そもそも、要介護1,2くらいが、実はいちばん人手がかかる。
認知症がある場合は、元気なだけに、トラブルもおきやすい。そうでなくても、自信過剰からの事故をおこしやすい。
さりとて、「あれするな、これするな」といっては本人の衰えを加速してしまう。細かな支援が必要だ。
(逆にいえば、要介護5になってしまうと、簡単というと語弊はあるが、介護するほうにとっては気遣いがすくなくなる。)
安倍総理は、そういう実態もわからずに、要介護1,2の人とその家族を切り捨てようとしている。今後、介護離職どころか働きながら家族を介護していて、そのあげくに共倒れ、先日の広島市北部のインターチェンジでおきたような殺人事件も頻発しかねない。
おおげさではない。
「安倍総理にヤられるまえに、総理を倒す」しかない。
「やるか、やられるか。」そういう情勢だ。

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28575709
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-09-15 21:04 | 介護・福祉・医療 | Trackback