人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

アンサーロッラー「サウジの石油はイエメンの人々の血以上の価値はない」・イエメン北部をサウジ連合軍が砲撃

2019年09月19日01時03分
  • アンサーロッラーのアブドルサラーム報道官
    アンサーロッラーのアブドルサラーム報道官

イエメンのシーア派組織アンサーロッラーの報道官が、国際社会はイエメンを非難するのではなく、サウジアラビアがイエメンで長年に渡り犯罪と殺害を行ってきたことを非難すべきだとし、「サウジアラビアの石油はイエメンの人々の血以上の価値はない」と述べました。

アンサーロッラーのアブドルサラーム報道官は、サウジアラビアの石油施設に対する最近の無人機攻撃でイエメンが非難されていることに反応し、「イエメンへの攻撃が止まなければ、サウジ連合軍への次の作戦はより手厳しいものとなるだろう」とけん制しました。

イエメン軍は14日、サウジアラムコ社関連の2か所の製油所を無人機10機で攻撃し、これにより、同国の石油生産サイクルが大混乱に陥りました。

アブドルサーラム報道官は、「安定した石油市場を目指す人々は、サウジ連合軍に対しイエメンの侵略と包囲に終止符を打つよう求めるべきだ。さもなければ、イエメン国民の血を軽視する者はすべて、その代償を自らの血で支払わなければならない」としました。





2019年09月18日20時10分
  • イラン外務省
    イラン外務省

イラン外務省が、サウジアラビア石油関連施設への攻撃にイランが関与したとのアメリカ政府当局の主張はまったくの偽りだと非難しました。

IRIB通信が18日水曜に報道したところによりますと、イラン外務省は在イラン・米国利益代表部を務めるスイス大使館に宛てた正式文書の中で、イランがサウジアラムコ社の石油施設攻撃の背後にいるとした米政府の主張に反論し、「イランは攻撃には関与していない。米トランプ大統領とポンペオ国務長官の主張は嘘だ」としました。

イラン外務省は、米政府に警告し、「イランに対して(軍事)行動がなされた場合、直ちにイランから対抗措置がとられるだろう。そしてその範囲は脅威の発生源に限定されることはないだろう」と強くけん制しました。

イエメン軍は14日、サウジ主導アラブ連合軍への報復として、10機の無人機でサウジアラビアの石油施設を攻撃しました。

その後、イエメン軍の報道官は声明の中で、「今回の作戦はサウジ連合軍の侵攻とイエメンを5年間包囲した犯罪に対する報復だった。イエメン人の正当な権利の枠組みの中で行われたものだった」と表明しました。

こうした中、米国は「イランがこの無人機攻撃の背後にいる」と主張しています。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28581385
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-09-19 06:32 | 国際情勢 | Trackback