人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004

政権をとりたいならせめて「消費税減税法案」は出すべきだろう

枝野幸男が、(8%への)「消費税減税法案」に慎重という。
椅子からずりおちそうになった。
政権をとりたいなら、最悪でも8%への減税を、国民民主や、共産党、新選組などと
すすめるべきだ。
それすらしない、というのでは、支持を失ってもしかたがない。
立憲民主党について気になるのは、最近、「正規公務員」党に変質していないか?
ということだ。
一般市民の支持者が、新選組に奪われた結果、連合系労組所属の正規公務員への依存度が
あがって、そのカラーが濃くなっているのではないか?ということだ。
要は、「いったん変えられた現状を変えるのには後ろ向き」という役人の気風が
同党にも大きな影響を与えているのでは?ということだ。
(たとえば、「公務員をふやす」という新選組あたりの政策でも、慎重になってしまうだろう。
職務上、現状変更にうしろむきなのはしかたがないが、その気風を政治活動にもちこむと
精彩をかくことになる。)
だが、「ぼんぼん貴族自民」vs「インテリ官僚立憲」という構図なら金も権力もある「ぼんぼん
貴族自民」の勝ちになってしまうのはあきらかだろう。
国民民主の場合は、地方の中小企業や農業者の支持もある衆院議員も多い。
そのぶん、消費税減税法案にも積極的なのだろう。
頭がいたいところである。
(文中敬称略)



by hiroseto2004 | 2019-09-22 19:34 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback