人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー

アメリカのメディア、「対イラン制裁は権力の悪用」・マレーシア首相が、イランに対するアメリカの敵対的な政策を批判

2019年09月29日15時13分
  • イランとアメリカの国旗
    イランとアメリカの国旗

アメリカの月刊誌「アメリカン コンサバティブ」が、「イランに対するアメリカの経済戦争は、ある種の権力悪用であり、早急に停止されるべきである」と報じました。

アメリカン コンサバティブは、「対イラン経済戦争を終結させよ」と題した記事において、国際金融ネットワークの操作・管理、イランと通商協力を行っている個人や企業、国の処罰を目的としたアメリカの工作に触れ、「アメリカのトランプ政権は、最大限の圧力を駆使してイランを経済面で包囲しているが、これは国際法に照らせば戦闘行為に当たる」と報じています。

また、「実際に、我々の政策は8000万人の人口を擁する国を現代的な方式で方位しており、イラン政府が反応を示せば、トランプ政権はいかにも驚愕したような素振りを見せる」としました。

さらに、「イランに対するトランプ政権の経済戦争の第1の犠牲者は、最も被害を受けやすい人々、最貧層、希少な医薬品を必要とする病人らである」としています。

そして、「このような戦争は早急に停止されるべきである。それは、そうした場合にのみ真の外交が存在すると考えられるからだ」としました。

アメリカ政府は、昨年5月8日に国連安保理決議に反して一方的に、イランとの間に取り交わしていた核合意から離脱し、イラン国民に対し最も厳しい経済制裁を科しています。

2019年09月29日19時08分
  • マレーシアのマハティール首相
    マレーシアのマハティール首相

マレーシアのマハティール首相が、アメリカによる対イラン制裁行使や、各国に対する対イラン取引の停止強要を批判しました。

タスニーム通信によりますと、マハティール首相は28日土曜、国連総会で演説し、国際社会に対し制裁問題に関する法規を定めるよう求めています。

また、「一体、どの法律にそって制裁が行使されているかは明らかではないが、自分の見たところ、これは富豪や権力者が持つ特徴や利権だと思われる」と述べました。



トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28598860
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-09-29 19:34 | 国際情勢 | Trackback