人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

「やたらめったら削る小泉」と「あやしい人ばかりに配る安倍」

「やたらめったら削る小泉」と「あやしい人たちばかりに配る安倍」

小泉純一郎さんら新自由主義グローバリズム本流は、とにかく、やたらめったら財政を緊縮しまくった。これはこれで大問題だ。小泉さんは、旧来型自民ー高級官僚利権への怒りを悪用し、とくに「現場系」の地方公務員を減らした。

その後遺症で、西日本大水害2018や、千葉の台風被災地では、現場公務員が不足し、復旧・復興にも支障がでている。

いっぽう、安倍晋三さんは、どちらかというと、「全世代型社会保障」と耳障りのよいことをいいつつ、実際には、総理や総理腹心政治家の怪しい人たちのフトコロにカネがはいるだけという傾向が目立つ。

その最たる例は、総理肝いりの「企業主導型保育所」だ。
総理腹心の秋元副大臣と親しい川崎大資被疑者が、2億円の助成金をだまし取ったとして、東京地検特捜部に逮捕された。そこまでひどくなくても、保育士がいっせい退職とか、定員に満たなくて閉園など、問題が噴出だ。

「安倍式」助成金拡大は、公務員が直接サービスを提供する場合より経営者が利潤を追求する(民間企業だから当然だ)ぶん、「中抜き」が増える。職員の給料もそのぶん、削られるから、人手不足に陥るのもあたりまえ。そもそも、制度設計からして、うまくいかないのだ。

 やたらめったら斬りまくる「小泉父子」でもない、「あやしい人」たちをもうけさせるばかりの「安倍」でもない、予算がきちんと、サービス提供に回るような政治がいま必要だ。(実際には「やたらめったら削る小泉」と「あやしい人たちにくばる安倍」で役割分担して悪事を成し遂げてきたといえるだろう。)

その点から、新選組が参院選で掲げ、いわゆる日本共産党系労組も伝統的に主張してきた、「公務員をふやす」というのが、いま、一番合理的な政策だろう。

1,一定程度の社会経験を積んだ団塊ジュニア=就職氷河期世代くらいの人を非正規からの採用も含めて多く採用する。
→新卒は40年以上抱える必要があるのでリスクがあるが、中途採用ならそれはない。
2,市町村単位採用が不安なら都道府県くらいで採用して、足りない市町村に派遣する形式をとる。

をあらためて提案したい。

参考記事

企業主導型 助成金詐欺事件 「保育続けさせて」 福岡市 園長、保護者訴え



トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28608915
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-10-04 19:29 | 事故・災害・事件 | Trackback