人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

いわゆる先進国が、中東・アフリカなどでやらかしたことを謝罪することができれば・・

いわゆる先進国が、中東・アフリカなどでやらかしたことを謝罪することができれば・・

いわゆる先進国というのはもとはといえば「帝国主義国」だったといってもまちがいではあるまい。

中東やアフリカ、アジア太平洋で植民地支配をしまくったり、はたまた、核実験をしたり、最近でも中東で空爆をしまくったりしてきている。最近ではアメリカがイラクにテロの濡れ衣を着せ、無茶苦茶やっている。

こうしたことを背景に、米英仏などへの反発から中東やアフリカでは、権威主義的なロシアや中国が影響力を拡大している。

他方、日本の歴史修正主義者も、米英仏など帝国主義国が謝罪をしていないことを引き合いに出し、居直っている。
また、中南米などの独裁者も、帝国主義国の犯罪を引き合いに出し、自分の環境破壊や人権侵害を居直っているのも事実だ。

米英仏などいわゆる帝国主義国が、植民地支配や空爆、核実験などを謝罪し、やるべき補償はきちんとしたら、中国やロシアも大きな顔はしにくいし、中南米などの独裁者も居直りは難しくなる。

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28631052
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-10-17 21:38 | 国際情勢 | Trackback