人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

「英語が上手くても自分の意見がなければ日本の核廃絶決議案のように相手にされない」

広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は今週、広島市安佐南区各地で街頭演説。
英語の民間テストの延期にも言及。
「業者や政治家(大臣)の都合に受験生が振り回された形になった。」
と批判。
その上で
「そもそも、英語が上手くはなせても、自分のスタンスをはっきりさせて意見が言えなければ、
国際的には相手にされない。先日の日本政府の核廃絶決議案が良い例。何が言いたいかわからない、
核保有国のリーダーアメリカにも相手にされず、非核国のブラジルにも相手にされなかった。」
「きちんと、自分の意見をもてるような教育をすることが大事。」
などと力を込めました。
また、関連して、ブラジルが、アルゼンチンとの対立から過去は核開発を行っていたが、
緊張緩和をし、アルゼンチンもブラジルも核を放棄する約束をしたことも紹介しました。
また、改めて、消費税増税後、安倍政権が介護保険改悪を検討したり総理が自らベッド数切り捨てを
指示したことを挙げ、
「社会保障のため、という消費税増税の大義名分はなくなった」
と指摘。
「現行制度の消費税は複雑怪奇で誰もわかっている人はいないのでは?こういう仕組みは廃止が
のぞましいが、まず、5%にもどし、超大金持ち・超大手企業に公正に負担いただいた上で、
公正な税制のありかたを再構築していこう。」
などと訴えました。
「英語が上手くても自分の意見がなければ日本の核廃絶決議案のように相手にされない」_e0094315_18012687.jpg

「英語が上手くても自分の意見がなければ日本の核廃絶決議案のように相手にされない」_e0094315_17423808.jpg




トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28682783
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-11-05 16:45 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback