人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

現代日本の総理=アメリカ大統領より強く、東條英機+昭和天皇くらいの権力がある

現代日本の総理=東條英機+昭和天皇くらいの権力がある

明治憲法の総理大臣は権力は弱かった。陸軍大臣や海軍大臣がごねてやめれば、総辞職、というのもよくあった。

しかし、現行憲法ではそれは改められている。それが悪いこととはおもわない。
ただし、
・衆院の解散権を7条により解散しほうだいにする解釈がまかりとおっていること。
・1994年の政治改革でできた、現行の選挙制度では、公認権をもつ総理=自民党総裁の権力が異常に強まったこと。
・内閣人事局制度で官邸が人事権をにぎったこと。(各省大臣は逆にお飾り同然、なんでも総理が前面に)
・もともと、裁判所が憲法判断を避けてきたこと。
・安倍総理がマスコミを取り込んできたこと。
により、いまの安倍総理は、東条英機+昭和天皇くらいの権力がある。
日本の総理は、いまや、アメリカの大統領よりも権力は強い。アメリカ大統領には解散権もないし、予算案作成権もない。
だからこそ、総理権力は抑制的に使わないと大変だ。
いまの総理の権力はむかしのような戦争こそ起こさなくても、日本を社会的、経済的にむちゃくちゃにこわすことも可能なのだ。
その自覚は安倍晋三さんにはあるのだろうか?

タグ:
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28718102
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-11-26 06:38 | 安倍ジャパン | Trackback