人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

両河井議員を上脇教授らが告発へ

ついに、両河井議員が、神戸学院大の上脇博之教授らに告発されます。
地元の広島でも、両議員に説明責任をはたすようもとめ、刑事告発
を検討する市民グループがでています。
河井案里議員については、従来の自民国会議員とはちがい、
女性国会議員が1992年参院選以降、広島県から出ていなかった
ことも背景に、男女共同参画・ジェンダー平等に熱心に取り組んでおられる
女性地方議員・運動家の一部も応援してこられています。
むしろ、応援してこられた女性運動家のみなさんこそ、きちんと河井議員に説明責任をもとめるべきでしょう。
今回の事件の結末いかんでは、
「やっぱり、女性政治家はだめ」
などという、あらぬ方向に世論がむかい、ひいては、広島の男女共同参画・ジェンダー平等に打撃がおよぶことを一番心配しています。

関連記事





河井克行前法相の妻で、7月の参院選で初当選した案里参院議員(広島選挙区)の陣営が、選挙カーに乗る車上運動員に法定上限を超える報酬を支払ったと報じられたことについて、神戸学院大の上脇博之教授らが近く、2人と案里氏の秘書を公職選挙法違反(買収、虚偽記載)の疑いで広島地検に刑事告発する。

 上脇氏らは告発状で、3人が7月、案里氏の経理担当者を通じ、車上運動員13人に日当の上限額を超える3万円を支払ったと主張。案里氏の選挙運動費用収支報告書に報酬として1人1日1万5千円を支払ったとする虚偽の記載をし、広島県選挙管理委員会に提出した疑いがあるとしている。河井氏と案里氏の政治団体の事務所所在地が同じことなどから「河井氏が(案里氏の)選挙事務所を実質的に仕切っていた」と訴えている。

 公選法は、選挙運動期間中に車上運動員に支給できる報酬を、1日1万5千円以下と定める。上脇氏は朝日新聞の取材に「検察には過去の選挙も含め、徹底的に捜査を尽くしてもらいたい」と話している。

 案里氏陣営の報酬支払いをめぐっては、週刊文春(電子版)が10月30日に日当過払いの疑惑があると報じ、その後に河井氏は法相を辞任した。東京都の男性が今月、案里氏を公選法違反(買収)容疑で広島地検に刑事告発している。(米田優人)


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28719285
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-11-26 20:42 | 参院選2019 | Trackback