人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

ニラとスイセンを間違えて男性2人が食中毒 愛媛県が注意喚起

これはまちがえやすく、危険ですね。ご注意ください。





愛媛県薬務衛生課は5日、八幡浜保健所管内で50代と80代の男性2人がスイセンと思われる植物を食べ食中毒になったと発表した。2人は嘔吐(おうと)や下痢の症状があったが、快方に向かっているという。スイセンは誤って食べて食中毒になるケースが多い植物で県は注意を呼びかけている。  

 県によると2人は親子で、父が3日に河川敷に自生していた植物をニラと思って採取し、自宅で寄せ鍋の具材として2人で食べたところ、約30分後に嘔吐や下痢の症状が出たため、救急搬送された。聞き取りなどから同保健所がスイセン(推定)を原因とする食中毒と断定した。

 スイセンはニラのほか、ノビルやタマネギとも間違えやすいとされる。県は死亡例もあるとして、家庭菜園や畑などで野菜と観賞用植物を一緒に栽培しないよう、また食用と確実に判断できない植物を食べるのはやめるよう注意喚起している。

 厚生労働省によると、2018年までの10年間で、スイセンを食べて食中毒が確認された事例は全国で48件(180人)あり、1人は死亡している。有毒植物を食べて発生が確認された食中毒の中ではスイセンを原因とするものが最も多い。

 有毒植物による食中毒について厚労省のホームページ(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/yuudoku/)で情報提供している。【木島諒子】


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28735021
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-12-06 07:26 | 事故・災害・事件 | Trackback