人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

伊藤詩織さん、裁判争った山口敬之氏会見を自ら取材

山口元被疑者=被告の会見を伊藤詩織さん自ら取材。

山口元被疑者、どのような主張をされたのでしょうか?

すくなくとも、反省はないことは事実。


ジャーナリストの伊藤詩織さん(30)から、15年4月に性的暴行を受けたとして1100万円の損害賠償を求めた民事訴訟を起こされ、東京地裁(鈴木昭洋裁判長)から18日に330万円を支払うよう命じられた、元TBSワシントン支局長の山口敬之氏(53)が19日、都内の日本外国特派員協会で会見を開いた。

会見は午後1時から始まったが、伊藤さんもジャーナリストとして記者席に陣取り、山口氏の会見を取材する、異例の会見となった。

山口氏は冒頭で「日本外国特派員協会での会見なので、質問があれば日本語でも受けますが、冒頭は英語で行うことをお許しいただきたく思います」と語り、自らの主張を英語で展開。伊藤さんは時折、パソコンに視線を落とし、キーをたたきながら会見を見守った。

山口氏は18日の判決後、開いた会見で「法に触れるような行為は一切していない。一方的に伊藤さんの主張だけが、根拠なく取り入れられてしまった。納得できないので控訴します」と控訴の意向を示した。一方、伊藤さんも会見を開いた中で、山口氏の控訴の意向を報道陣から聞き「勝訴したからってゴールではない」と口にした。山口氏に対しても「自分自身に向き合い、どんな問題があるかまで一緒に向き合ってくれたらうれしい」と語っていた。

伊藤さんが勝訴した民事裁判から一夜明け、両者の“法定外バトル”第1ラウンドが幕を開けた。【村上幸将】


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28756967
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-12-19 17:44 | スポーツ | Trackback