人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

国際人権団体アムネスティ、記者殺害事件に関するサウジ裁判所の判決に反応・国連が、サウジ人記者殺害に関する独自捜査の継続を強調・国連特別報告者、「カショギ氏殺害事件関連の判決は茶番劇」

サウジアラビアのやっていることは、まさに「トカゲの尻尾切り」ですね。世界ただひとつの絶対王政国家サウジアラビア。ますます、注がれる視線は厳しくなるでしょう。

国際人権団体アムネスティ、記者殺害事件に関するサウジ裁判所の判決に反応

国際人権団体アムネスティインターナショナルが23日月曜、サウジアラビア人ジャーナリストのジャマール・カショグ氏殺害事件に関する同国の裁判所の判決に反応し、「この判決では、カショギ氏殺害事件へのサウジ政府関係者の関与が考慮されていない」としました。

IRIB通信によりますと、国連のアグネス・カラマード特別報告者は23日月曜、ツイッター上で「カショギ氏殺害事件に対する、サウジアラビアの裁判所の判決は笑止な芝居だ」と述べています。

また、「カショギ氏殺害の実行犯らは死刑判決を受けたが、これを命じた人物は釈放され、この事件の捜査段階でこの命令者には捜査の手は及ばなかった」としました。

フランス・パリに本部を置く国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」の クリストフ・ドロワール事務局長はツイッター上で、「カショギ氏殺害事件に関する裁判所の判決は、サウジアラビア国内で非公開の形で言い渡され、裁判の規準や厳正さをないがしろにした。当組織はこれまでどおり、この残忍な事件の責任者に対する追及を期待する」と書き込みました。

サウジアラビア政府は、国際世論や国際人権機関の圧力に押され、1年3ヶ月近くが経過した後、遂にカショギ氏殺害事件の被告らの一部に対する判決を下しました。

サウジアラビアの司法裁判所は23日月曜、カショギ氏殺害事件の被告ら5人に対し死刑を、ほか3人の被告人に禁固刑を言い渡しました。

サウジアラビア人ジャーナリストのジャマール・カショギ氏は、同国のムハンマド皇太子の反対派で、昨年10月2日、トルコ・イスタンブールにあるサウジアラビア領事館に手続き目的で入った後、領事館内で殺害され、遺体は分断されました。

サウジアラビア政府は、この事件発生から18日にわたり、この殺害事件の発生を否認していましたが、トルコ政府やアメリカCIAの報告により、ムハンマド皇太子の直接の命令によるカショギ氏殺害が確認されました。







2019年12月24日18時46分
  • ドゥジャリク報道官
    ドゥジャリク報道官

国連が、サウジアラビア人ジャーナリストのジャマール・カショギ氏殺害に関する同国の裁判所の判決に反対し、この事件に関する独自の捜査の継続を強調しました。

ロシアのアラビア語チャンネル、ロシアアルヨウムによりますと、国連のドゥジャリク報道官は23日月曜、「我々は、カショギ氏殺害の実行犯8人に対する判決を視野に入れており、国連のグテーレス事務総長はこの犯罪に関する中立的な独自捜査の必要性を強調している」と語っています。

サウジアラビア政府は、国際世論や国際人権機関の圧力に押され、1年3ヶ月近くが経過した後、遂にカショギ氏殺害事件の被告らの一部に対する判決を下しました。

サウジアラビアの司法裁判所は23日月曜、カショギ氏殺害事件の被告ら5人に対し死刑を、ほか3人の被告人に禁固刑を言い渡しました。

サウジアラビア人ジャーナリストのジャマール・カショギ氏は、同国のムハンマド皇太子の反対派で、昨年10月2日、トルコ・イスタンブールにあるサウジアラビア領事館に手続き目的で入った後、領事館内で殺害され、遺体は分断されました。

サウジアラビア政府は、この事件発生から18日にわたり、この殺害事件の発生を否認していましたが、トルコ政府やアメリカCIAの報告により、ムハンマド皇太子の直接の命令によるカショギ氏殺害が確認されました。


2019年12月24日17時23分
  • カショギ氏
    カショギ氏

サウジアラビアの反体制派記者の殺害事件をめぐり、国連のアグネス・カラマード特別報告者が、この事件に関するサウジアラビア司法機関の最近の判決は茶番劇だとしました。

イルナー通信によりますと、カラマード特別報告者は23日月曜、ツイッター上で「カショギ氏殺害事件に対する、サウジアラビアの裁判所の判決は茶番劇だ」と述べています。

また、「カショギ氏殺害の実行犯らは死刑判決を受けたが、これを命じた人物は提訴されず、この事件の捜査段階でこの命令者には捜査の手は及ばなかった」としました。

さらに、「このような状況は、司法上の厳正の原則に反する」と語っています。

フランス・パリに本部を置く国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」の クリストフ・ドロワール事務局長はツイッター上で、「カショギ氏殺害事件に関するサウジアラビアの非公開裁判による判決は、裁判の規準や厳正さをないがしろにした。当組織はまだ、この残忍な事件の責任者に対する追及を期待する」と書き込みました。

サウジアラビア政府は、国際世論や国際人権機関の圧力に押され、1年3ヶ月近くが経過した後、カショギ氏殺害事件の被告らの一部に対する判決を下しました。

サウジアラビアの司法裁判所は23日月曜、カショギ氏殺害事件の被告人5名に対し死刑を、ほか3人の被告人に禁固刑を言い渡しました。

サウジアラビア人ジャーナリストのジャマール・カショギ氏は、同国のムハンマド皇太子の反対派で、昨年10月2日、トルコ・イスタンブールにあるサウジアラビア領事館に手続き目的で入った後、領事館内で殺害され、遺体は分断されました。

サウジアラビア政府は、この事件発生から18日にわたり、この事件の発生を否認しましたが、トルコ政府側やアメリカCIAの報告により、ムハンマド皇太子の直接の命令によるカショギ氏殺害が確認されました。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28767771
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-12-24 20:23 | ジャマル・カショギ記者惨殺事件 | Trackback