人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

英が米大統領の核合意離脱要請を拒否・イラン大統領が英首相と電話会談

1月 09, 2020 21:06 Asia/Tokyo
  • イギリスとイランの国旗
    イギリスとイランの国旗

英政府は、米トランプ大統領がイラン核合意から離脱するよう要請してきたことについて、この国際合意は英国にとって治安上の重要性を持つとしました。

トランプ大統領は8日水曜、イラクにある米軍基地がイランによるミサイル攻撃を受けた後、初めての演説に臨み、ソレイマーニー司令官暗殺という米国のテロ行為をあらためて正当化し、イランの核兵器獲得を一切許さないと主張しました。

同大統領はまた、英、独、仏、露、中国も核合意から離脱する時が来たと繰り返しました。

トランプ大統領

米国は核合意離脱後、完全に孤立状態にあります。そして、他の国々を同調させようとの試みでは結果を出せずにいます。

英外務省は9日木曜午前、核合意に留まる国々に対して離脱を呼びかけたトランプ大統領の発言に対し、「我々は先日イランが核合意にある責務の縮小段階を進めたことを強く懸念している。しかし、我々に共通する治安上の重要な取り決めとして核合意を捉えている」と表明しました。

また、発表された声明の中では、「我々は、核合意遵守と核兵器不拡散における利点を外交を通じて得られることがここでは重要だと信じている」としています。

イランは西側諸国の核合意責務の不履行を受けて5日日曜、合意内にある責務の縮小段階をさらに進める声明を発表していました。








1月 09, 2020 20:59 Asia/Tokyo
  • ローハーニー大統領とジョンソン首相
    ローハーニー大統領とジョンソン首相

イランのローハーニー大統領が、イギリスのジョンソン首相と電話会談を行い、「我がソレイマーニー司令官の努力がなかったら、今頃英首都ロンドンに平穏や安全はなかった」と語りました。

ローハーニー大統領は9日木曜の電話会談で、「米国への報復、イラク領内の米軍基地に対する軍事攻撃は国連憲章51条に照らして合法的な防衛だった」と強調し、「米国がさらに罪を犯せば、非常に危険な報復を受けるだろう」と述べました。

また、「ソレイマーニー司令官は、テロとの戦いにおける英雄であり、地域全ての諸国民の友であった」とし、「米国のテロ行為は、地域の治安を強く脅かしている」と警告しました。

さらに、ソレイマーニー司令官暗殺に関する、一部英政府関係者の発言を批判し、彼らに自らの立場を再考するよう求めるとともに、「ソレイマーニー司令官の尽力がなかったら、今頃あなた方はロンドン市内で安穏としてはいられなかった筈だ」として自省を促しました。

そして、地域諸国による地域の治安確保を強調するとともに、「米国の政府関係者は地域の認識がないに等しい。自らのテロ行為後に起こった地域の諸国民の蜂起、連帯のムードから過ちを犯した事に気づいた」と述べました。

ローハーニー大統領はまた、最近の情勢不安の元凶の全てが米国の核合意離脱やその違法な行動にあるとし、「米国による今回のテロ行為は、国際法の全てに反する形で行われた。彼らはこれまで2年間に渡り、一般市民向けの医薬品や食料にまで制裁を科してきた。そしてこの度のソレイマーニー司令官暗殺により大罪を犯した」として、米国の対イラン政策を強く非難しました。

さらに、「ヨーロッパがもし自らの責務履行に立ち戻れば、イランも核合意の全責務を元に戻すだろう」とし、「イランはこれまでどおり、IAEA国際原子力機関との協力を遵守している。IAEAも従来同様、イランの核活動の監視を続けるだろう」と述べました。

一方、ジョンソン首相もイランでこの1週間に起きた一連の出来事に弔意と同情を示し、地域での情勢不安の悪化や英軍の安全に懸念を示すととともに、イランと米国の双方に自制を促しました。

また、イランと英国の関係改善の必要性を強調し、「核合意の存続は、国際安全保障にとって極めて重要だ」とし、イラン核合意の存続に向けて全力を尽くすよう求めました。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28794559
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2020-01-10 20:49 | 国際情勢 | Trackback