人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

イラクで、反米デモに市民が大々的に参加

別に国民の多くがイランを支持とか、現政権を支持というわけでもない。
アメリカが積年の蛮行の上に、さらにミスって、反感を買っただけです。
とはいえ、イランもウクライナ機を撃墜してしまった。
イランも得点をあげたもののなんとも後味がよくない結果となりました。





1月 24, 2020 19:50 Asia/Tokyo

イラク・バグダッドをはじめとする各都市で24日、数百万人もの市民が反米抗議行進を行い、アメリカ軍撤退・追放を求めました。

複数のアナリストや有識者らは、今回の抗議行動を、アメリカ軍のイラク駐留反対に関する1つの国民投票とみなしています。

レバノンのアルマヤーディン・テレビによりますと、イラクのシーア派組織ヒズボッラーは声明を発表し、「アメリカはイラク駐留に拘泥し、イラク議会の議決に反対してイラクの国家主権を蹂躙している。だが、イラク国民は抗議デモへの参加により、侵略や卑劣な行動に反対である、というメッセージをアメリカ政府に伝達している」としました、

今月3日に、イラクバグダッド空港付近でアメリカ軍の残忍な攻撃により、ソレイマーニー司令官とイラクの民兵組織のアルムハンディス副司令官がテロ暗殺された事を受け、イラク議会は今月5日、イラクからの米軍撤収・追放を求める決議を採択しました。

イラクでは、アブドルマハディ暫定首相をはじめとする政府関係者の多くが、同国議会での米軍追放・撤収案の可決後、イラク駐留アメリカ軍の早急の撤退・撤収を強調しています。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28815680
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2020-01-24 22:24 | 国際情勢 | Trackback