人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

「自民党支持の中小企業憎し」で、気候変動・高齢社会への対応遅らせた「新自由主義リベラル」【備忘録】

「自民党支持の中小企業憎し」で、気候変動・高齢社会への対応遅らせた「新自由主義リベラル」【備忘録】

野党共闘は当然としても、歴史の教訓は振り返っておかないといけない。

1990年代~00年代初頭、ある種のリベラルの方々からは、自民党支持の中小企業(あるいは医者や農民)憎しの勢い余って新自由主義と親和性が高かった感じを受けた。

具体的人物像はそこそこ高学歴で、収入が安定しいている公務員とか大手企業正社員(所属労組は連合)という感じだった。

新自由主義と親和性が高いリベラルは、環境問題などへの意識も高く、国の大型公共事業とかには批判的であった。

他方で、自民党支持の中小企業を憎む勢い余って
「商店街を潰して、クルマでしかいけないような大型店をどんどんつくる」
「クルマに過剰に依存せざるを得ない場所の山や田んぼを潰して高級住宅街をつくる」
ことはよしとした。
(当時のわたしの回りには、実際、そういう人が多かった。)
当時は、クリントン大統領が日本のリベラルにも人気があったことも手伝い、アメリカの言う通りの規制緩和を進めるのがよしとされた時代でもあった。
だが、あれから20ー30年。
お年寄りはヒヤヒヤしながら買い物や通院のためにハンドルをやむなく握り、時に不幸にして子どもたちをなぎ倒していく。子どもたちも安心して外で遊べない。公園にいてもお年寄りが車で突撃してくるから。
プラスチック汚染の28%はクルマのタイヤという分析もありこの意味でも現状は不味い。
気候変動の中で、無理やり山を削った住宅を土砂が、田んぼを埋めた場所を洪水が襲う。
人口減少なのに、土地開発を進めまくった結果、家が余りまくっている。家がなくてなかなか親から自立できない若者のや、身寄りのないお年寄りがたくさんいるのに馬鹿げたことだ。
「新自由主義リベラル」が、自民党支持の中小企業を憎む勢い余って、同じく自民党支持の大手企業と野合し、気候変動や高齢化対応と逆の方向へ暴走したとも言える。
野党・市民連合もこの事は反省した上で国土政策を打ち出すべきだ。
というか日本はあまりにも国土利用についてはルールが無さすぎる。
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28817765
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2020-01-26 06:17 | 環境・街づくり | Trackback