人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2月21日、イラン国会議員選挙執行

今のイランの体制はちょうど大正デモクラシー~昭和初期の日本に似ている感じがします。
ハメネイ師が昭和天皇みたいな感じで君臨する一方で、政党も健在、デモとかもそれなりに
行われるという感じですね。





2月 15, 2020 22:01 Asia/Tokyo
  • イラン国会
    イラン国会

今月21日、第11期イラン国会議員選挙及び最高指導者の選出を担う専門家会議の第5期第1回中間選挙が行われます。

選挙は、宗教的民主主義の具現であり、同時に国民が国の運命を決定付ける場に参加することを意味します。

現在、選挙に向けて116の政党が正式に承認されています。これらの政党には、原理主義、改革派、無所属・中道派という3つの潮流が存在します。各選挙組織は、選挙の舞台にあらゆる趣向を導入すべく奔走しています。

イラン国会希望派のアフマド・マーザニー議員

イラン国会希望派のアフマド・マーザニー議員は、「イスラム革命勝利から40年が過ぎた現在、10期にわたる国会、12期にわたる政権、5期の各評議会の存在を経験する中にあって、われわれは民主主義や選挙というカテゴリーでの政党を定義し、それに見合った適切な位置づけを予測する必要がある。これに関して、選挙法が改正される必要がある」と語りました。

イラン内務省が作成した包括的選挙体制案においては、各政党の承認をもって、候補者が国会議員選挙を開始することが想定されています。

いずれにせよ、4年に一度の割合で実施される国会選挙において、様々な階層や政治的派閥に属する様々な背景を持つ人々が国会での議席を得るために競い合い、有権者によって選択の対象となるわけです。中でも過去に際立った成功を収めた人物が選ばれる確立が高くなります。

ラーリージャーニー氏

今回、特に大きく報道されているのは、過去3期にわたり国会議長を務めてきたラーリージャーニー氏が不出馬を表明していることです。これは原理主義や改革派の間で大きな反響を呼びました。ネット空間やメディアの予測では、ラーリージャーニー議長の国会選挙の不出馬の理由は、同議長がイラン大統領選挙出馬に向けて計画を立てているとする可能性が指摘されています。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28849448
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2020-02-16 18:47 | 国際情勢 | Trackback