人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

米国防総省関係者が、イランのミサイル攻撃による犠牲者数に関して隠蔽工作 アメリカも「安倍化」著しい

2月 25, 2020 19:28 Asia/Tokyo
  • 駐イラク米アサド空軍基地へのイランのミサイル攻撃
    駐イラク米アサド空軍基地へのイランのミサイル攻撃

アメリカ国防総省の関係者が、イランのミサイル攻撃による犠牲者数の隠蔽工作を正当化し、これを不可避だとしました。

アメリカ統合参謀本部の外科医ポール・フレドリクス氏は、インターネットサイト・ディフェンスワンのインタビューで、駐イラク米アサド空軍基地へのイランのミサイル攻撃によるアメリカ側の被害者数が当初は隠蔽され、五月雨式に公開されたことへの批判に触れ、「TBI外傷性脳損傷の症状は多くの場合、個人差があ)、頭痛やめまい、記憶障害、意思疎通不能や集中力の欠如といった様々なものが含まれる」と述べています。

そして、矛盾した見解を表明し続け、「イランによるミサイル攻撃の後、アメリカ兵全員が定められた法規にそって医師の診断を受けた」としました。

アメリカのトランプ大統領とそのほかの政府関係者は、先月8日のイランによるアサド空軍基地への攻撃後、「全てが正常であり、アメリカ側は全く被害を受けていない」と主張していました。

アメリカ国防総省はその後、五月雨式に数段階(or数回)にわたって多数のアメリカ兵が外傷性脳損傷を受けたことを明らかにしてきました。

また、初めて事実を公表した際には、イランの軍事攻撃でアメリカ兵11名が脳震盪を起こしたとしていましたが、最近になってアメリカ兵110名が外傷性脳損傷を起こしていた事実を認めています。

多くの調査によれば、イランのミサイル報復で多数のアメリカ兵が死亡したとされていますが、アメリカ政府はまだこの事実を認める意向はないようです。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28863257
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2020-02-25 20:30 | 国際情勢 | Trackback