人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

相模原大虐殺の植松被告人に死刑判決。

相模原大虐殺の植松被告人に死刑判決。
個人的には死刑制度そのものに反対です。しかし、被告人に責任能力があるという点ではオーソドックスな判断だったと思います。植松被告人に現時点での最高刑が適用されるのはやむを得ない。
もし弁護人が闘うなら、死刑制度の是非に争点絞った方が意義があったのではないか?例えばゴーン逃亡でも注目されたように、死刑制度が死刑制度のない多くの外国との被疑者引き渡し条約締結の邪魔になっている、とか。もしかしたら、万が一にも死刑は回避できたかもしれない。
他方で、判決は植松の勤務経験が差別的思想の原因と指摘した。それだけでは不十分で、やはり、石原慎太郎さん、麻生太郎さん、音喜多駿さん、潜在的には小泉進次郎さんや、「シルバー民主主義批判の勢い余った」若手政治家も含めて選挙で大量に得票している人らの思想と植松の思想はほぼ同じであり、選挙で大量に得票している人たちに取り入ろうとして犯行をした、(実際に国会にまで来て当時の大島議長宛に請願をしている)という点を強調してほしかった。
マスコミも含めて、今の選挙で大量に得票している人たちの思想そのものへの批判が弱く、責任能力云々に矮小化されたのは残念です。被害者が一名を除き、名前が公表されないで裁判を進めざるを得なかったことも含めて、日本の闇です。
くどいようだが、植松に責任能力はあるだろう。他方で麻生太郎さん、石原慎太郎さんら選挙で圧勝しまくりの人たち(=国・行政)が振りまいた思想を忠実に実行した植松を、国が死刑という形で殺害することは、法的には「正しい」としても、哲学的・道義的には疑問がある。
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28893680
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2020-03-16 14:50 | 相模原大虐殺 | Trackback