人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

地下鉄サリン事件25年

1995年3月20日、地下鉄サリン事件。911が起きるまではこの事件が、いわゆる先進国の都市で発生した最悪の無差別テロ事件として記憶されていた。







多数の死傷者を出したオウム真理教による1995年の地下鉄サリン事件は、20日で発生から25年を迎えた。現場の一つとなった東京都千代田区の東京メトロ(旧営団地下鉄)霞ケ関駅で、遺族の高橋シズヱさん(73)らが犠牲者を追悼した。

 事件は通勤時間帯に発生。教団幹部らが日比谷線、丸ノ内線、千代田線の車内で猛毒サリンを散布した。霞ケ関駅では、サリンの袋の除去に当たった助役で、シズヱさんの夫一正さん=当時(50)=、代々木電車区助役の菱沼恒夫さん=同(51)=が命を落とした。

 発生時刻に近い午前8時ごろ駅員23人が黙とうし、駅務管区長の小川喜治さん(56)が献花。午前10時ごろ訪れたシズヱさんは、「25年間はそれまでの生活とは全く違った。事件から離れたいと思ったこともあった」と振り返り、「姿かたちはなくともずっと主人と一緒に行動してきた」と述べ、涙を浮かべた。

 事件では、丸ノ内線の車内で被害に遭い、重い後遺症で寝たきりとなっていた浅川幸子さん(56)が今月10日に死去し、死者は14人となった。ほかに6000人余りが重軽傷を負った。

 教団が起こした一連の事件で2018年7月、元代表の松本智津夫元死刑囚=執行時(63)=ら13人の死刑が執行された。 


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/28899376
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2020-03-20 12:27 | 事故・災害・事件 | Trackback