人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

イラン新国会議長、「アメリカは諸悪の根源たる大悪魔」 白人警官による黒人虐殺で

きちんとトランプが虐殺と人種差別を非難しないと、アメリカの「国徳」はどんどんさがっていきますね。
アメリカ合衆国が中国などの人権問題を云々しても、耳をかたむけてもらえなくなる。
トランプの行為もまた、人権を失わせる行動ですね。






May 31, 2020 13:38 Asia/Tokyo
  • ガーリーバーフ新議長
    ガーリーバーフ新議長

先日イラン国会議長に任命されたガーリーバーフ氏が、アメリカで起きた警官による黒人殺害事件に反応し、同国を「大悪魔」「諸悪の根源」と表現しました。

ガーリーバーフ新議長は30日土曜ツイッター上で、この事件における米警官の人道に反する行動に触れ、「その圧政的な政治、司法、経済の構造により、長年にわたり世界中に戦争、クーデター、貧困、差別、拷問、身内殺し、モラルの退廃をあふれさせ、また内部では人種差別、空腹、軽蔑、『膝での首絞め』を引き起こしているこの国の名は、大悪魔でなければ何なのだろう?アメリカは諸悪の根源だ」と語りました。

米ミネアポリスでは今月25日、白人警官が黒人のジョージ・フロイドさん(46)の首を膝で押さえつけて窒息死させました。

ミネアポリスの人々は、翌26日からこの事件に抗議するために街頭に集まりデモを行っています。

このような状況の中でトランプ大統領は29日金曜、抗議行動を行う人々を「ならず者」と呼び、警察や軍の銃撃の標的になるとして脅しをかけました。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/29030810
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2020-05-31 16:28 | 国際情勢 | Trackback